取引所

コインチェックの匿名通貨扱い中止記事まとめ。ニュースサイト、ブロガー、仮想通貨まとめサイトが注目。

コインチェックの匿名通貨扱い中止のニュースが話題となっております。

情報元は時事ドットコムニュースのようです。

コインチェックは匿名性の高い仮想打通貨3種類の取り扱いを打ち切る方向で調整しているようです。

コインチェックが取り扱う匿名性の高い仮想通貨はモネロ(Monero/XMR)、ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)、ダッシュ(DASH/DASH)です。

 

なお、コインチェックから公式の発表はまだされていないようです。

コインチェックの公式HPはこちら:http://corporate.coincheck.com/
コインチェックの公式Twitterはこちら:https://twitter.com/coincheckjp
以下、それぞれのサイト等の記事のまとめとなります。

 

コインチェック、匿名通貨扱い中止=3種類、資金洗浄を懸念

掲載元時事ドットコムニュース

約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した交換業大手コインチェック(東京)が、送金先を追跡できない匿名性の高い仮想通貨3種類の取り扱いを打ち切る方向で調整していることが16日、分かった。資金洗浄(マネーロンダリング)に悪用されるリスクが高いと判断した。
3種類はモネロ、ジーキャッシュ、ダッシュ。これらはビットコインやネムなど一般的な仮想通貨とは異なり、基盤技術「ブロックチェーン(分散台帳)」上で送金先を把握できず、資金洗浄に利用されやすいという。モネロについて業界関係者からは、北朝鮮が外貨獲得の手段にしているとの見方も出ている。
顧客から預かっている3種類の匿名通貨は一定額で買い取ったり、本人かどうかを厳格に確認した上で出金に応じたりする方向だ。(2018/03/16-23:45)

 

 

コインチェック、匿名通貨扱い中止=3種類、資金洗浄を懸念☆差替

掲載元Yahoo!ファイナンス

日本株ニュース

 約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した交換業大手コインチェック(東京)が、送金先を追跡できない匿名性の高い仮想通貨3種類の取り扱いを打ち切る方向で調整していることが16日、分かった。

 

 

コインチェックは匿名通貨3種類を取り扱い中止に向けて調整中

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、匿名性の高い仮想通貨であるモネロ(XMR)/ダッシュ(DASH)/ジーキャッシュ(ZEC)の取り扱いを打ち切る方向で調整していることが16日にわかりました。送金先を追跡できない事などから資金洗浄(マネーロンダリング)に悪用されるリスクが高いと判断したとのことです。

匿名性の仮想通貨であるモネロ/ジーキャッシュ/ダッシュは、ブロックチェーン上で送金先を把握できないため、資金洗浄に利用されやすいとされています。

またモネロに関しては「北朝鮮が外貨獲得の手段にしている」とも報道されています。

コインチェックが顧客から預かっている3種類の匿名通貨は、一定額での買い取りや厳格な本人確認の上での出金に対応する方針とのことです。

(参照元:jiji.com

 

 

コインチェックが匿名通貨XMR・DASH・ZEC取り扱い打ち切りで調整中

掲載元仮想通貨よもやま話

@マナです。

コインチェックが匿名通貨XMR・DASH・ZEC(Zcash)の販売を取り扱い打ち切りで調整中とのこと。

jiji.comの発表です。

約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した交換業大手コインチェック(東京)が、送金先を追跡できない匿名性の高い仮想通貨3種類の取り扱いを打ち切る方向で調整していることが16日、分かった。資金洗浄(マネーロンダリング)に悪用されるリスクが高いと判断した。

3種類はモネロ、ジーキャッシュ、ダッシュ。これらはビットコインやネムなど一般的な仮想通貨とは異なり、基盤技術「ブロックチェーン(分散台帳)」上で送金先を把握できず、資金洗浄に利用されやすいという。モネロについて業界関係者からは、北朝鮮が外貨獲得の手段にしているとの見方も出ている。
顧客から預かっている3種類の匿名通貨は一定額で買い取ったり、本人かどうかを厳格に確認した上で出金に応じたりする方向だ。

via:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031601372&g=eco

率直な感想を言うと、「ああ~、やっぱりそうなるか」です。

匿名通貨への風当たりが強くなるのは去年からずっと懸念してたことで、先進国政府側は取引履歴が追えない仮想通貨を放置するはずがない。

とはいえ、ディープウェブやダークウェブでの仮想通貨利用率でみればビットコインが圧倒的に多いんですが、BTCをShapeshiftやChangellyで一旦匿名通貨に換えて、その後取引所に送れば足が付く可能性はほぼゼロになる。

今回コインチェックの事件を機に、「今後の仮想通貨の未来を考えるなら、匿名通貨の存在ってどうなの?」と考える国も増えるでしょう。「コントロール不可、テロ資金洗浄に使われる可能性が高いのであれば、やっぱり規制かな・・・?」と判断されるように思います。

匿名通貨の今後(想像)

今まで匿名通貨に対して規制の動きが出ていないことが不思議に思っていましたが、今後は主要各国が匿名通貨排除の方向に動くんじゃないかな?

武力で国民を管理しているテロ的国家であれば、匿名通貨は重宝するでしょう。優秀な技術者を雇い入れて仮想通貨盗難をして匿名通貨に換えれば、それがテロ資金源になるわけです。「そりゃダメだ」と判断する国の方が多いでしょう。

ただ問題なのは、仮想通貨はネットで繋がっていて簡単に国境を越えられる事。

仮想通貨はノードが稼働していれば止められないので、G20などが本気を出してくるのであれば、開発者やノード立ててる人を逮捕、罰則という展開も考えられます。そうなれば匿名通貨はほぼ消滅するかもしれませんね。
実際に、仮想通貨取引所運営者を逮捕している国もあるくらいです。政府がやる気だせば匿名通貨禁止するくらいはやってくるような・・。

Ethereumも匿名技術を付加していますが、これも将来的には心配。FBIの監視対象通貨にリストされています。ただEthereumは役割と目的が通貨というよりはスマートコントラクトです。匿名に対する規制が強まるのであれば、匿名機能を取り除く可能性もあるかも?匿名性機能の除去はZEC、DASHも場合によっては行ってくるかもしれませんが、XMRはデフォルトで匿名になっています。

匿名通貨の今後がどうなるのか、とても興味深いです。

このブログを書いている人

@マナです。貯金1000万円(+475万)で2017年から仮想通貨(暗号通貨)売買を開始。座右の銘「外そう、自分のリミッター」。

 

 

コインチェックさん、匿名通貨(モネロ・ジーキャッシュ・ダッシュ)の上場廃止で調整か!?

投稿元仮想通貨まとめNEWS

c5376882.png

■ツイッターより

■このツイートへの反応

コインチェック 匿名通貨取り扱い打ち切りで調整 モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの3種類 資金洗浄を懸念(時事)

打ち切られるとしたら、この3通貨については一部BTCに資金が流れるでしょう。コインチェック内でということではなく市場全体でということです。案外こういうことをきっかけにBTCの反撃がスタートするかもしれません。BTCが盛り上がれば新規のフィアットも入り、その後にアルトがまた盛り上がります。

打ち切られるとしたら、この3通貨については一部BTCに資金が流れるでしょう。コインチェック内でということではなく市場全体でということです。案外こういうことをきっかけにBTCの反撃がスタートするかもしれません。BTCが盛り上がれば新規のフィアットも入り、その後にアルトがまた盛り上がります。

すぐに影響でそうなのに、割と3銘柄下がらないのが不思議な感じですね

すぐに影響でそうなのに、割と3銘柄下がらないのが不思議な感じですね

単純に日本人、匿名通貨は持ってないからですよ(*^^*)

コインチェック 匿名通貨取り扱い打ち切りで調整 モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの3種類 資金洗浄を懸念(時事)

匿名性仮想通貨モネロ ダッシュ ジーキャッシュ
現在の相場のスクリーンショットを置いておきます

取り扱い打ち切りで売却されるとビットコインに資金流入するのかな

この匿名通貨3兄弟は
coincheckの売却再開対象仮想通貨じゃないから
これが原因で暴落してもホルダーは見守ることしか出来ないね pic.twitter.com/vafQwnYYLT

Twitterで画像を見る

コインチェック 匿名通貨取り扱い打ち切りで調整 モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの3種類 資金洗浄を懸念(時事)

まぁ、国がホワイトリスト入りしてない通貨扱ってたらそうなりますねよね。。

コインチェック 匿名通貨取り扱い打ち切りで調整 モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの3種類 資金洗浄を懸念(時事)

モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュを拘束しといて打ち切りって控えめに言って鬼畜過ぎ

コインチェック 匿名通貨取り扱い打ち切りで調整 モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの3種類 資金洗浄を懸念(時事)

私は昨年秋に未切り売りしましたよ。仮想通貨交換業登録が理由だと思います。

コインチェック 匿名通貨取り扱い打ち切りで調整 モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュの3種類 資金洗浄を懸念(時事)

コインチェックから匿名通貨のZcash、Monero、Dashが上場廃止とのことですが対象通貨が下げるのは(コインチェックが売却するため)置いておいて、問題は国内のマイナーが窮地ということです。 がかなり悪くなってるのに追い打ち  https://twitter.com/okasanman/status/974672928334688256 

コインチェックから匿名通貨のZcash、Monero、Dashが上場廃止とのことですが対象通貨が下げるのは(コインチェックが売却するため)置いておいて、問題は国内のマイナーが窮地ということです。 がかなり悪くなってるのに追い打ち  https://twitter.com/okasanman/status/974672928334688256 

TOB的にCCが買い付けするのか、もしくは買値で上巻?応じなければどこかに送金してくだい?か、どうなるのでしょうかね。

TOB的にCCが買い付けするのか、もしくは買値で上巻?応じなければどこかに送金してくだい?か、どうなるのでしょうかね。

マウントゴックスの小林氏のようにマーケットで叩き売るのではなくOTCやFSAみたいなオークション形式でやってほしいですね。ネムの件でそんな余裕はなさそうですが。。

マウントゴックスの小林氏のようにマーケットで叩き売るのではなくOTCやFSAみたいなオークション形式でやってほしいですね。ネムの件でそんな余裕はなさそうですが。。

海外下がってるみたいですが、さげあつでしかないですね、匿名機能に着目して購入してるより値上がりは目的だとおもいますが、買い取りは難しそうなので下がってるかな

コインチェックから匿名通貨のZcash、Monero、Dashが上場廃止とのことですが対象通貨が下げるのは(コインチェックが売却するため)置いておいて、問題は国内のマイナーが窮地ということです。 がかなり悪くなってるのに追い打ち  https://twitter.com/okasanman/status/974672928334688256 

せめて売買か出金できるようにしてから発表してほしいかった。zcashが囚われたままなのに

コインチェックで匿名通貨が上場廃止→
売り圧力・さらにコインチェックの自己保有してる分もあるだろうからそれも売却→
匿名通貨価格が下がってマイニングコスト合わなくなる→
GPU余る→
余ったGPUでETH掘る→
ETHの収益性も悪化→
??

 

コインチェック:XMR・DASH・ZECの3種匿名通貨取り扱い廃止を検討

掲載元coinpost

匿名通貨の廃止

日本では、仮想通貨取引所を運営するために、仮想通貨交換業者登録を行なっており、主にこの登録を許可された取引所で取り扱われている仮想通貨銘柄が、金融庁の取引許可を受けたホワイトリストと言われています。

仮想通貨のホワイトリストとは、金融庁によって登録業者の取り扱う仮想通貨が公表されない限り、国内取引所でそれ以外の仮想通貨を手に入れることが出来なくなる事から作られた言葉です。ビットコインやイーサリアム、リップルやネム等の通貨がホワイトリスト入りしました。

コインチェック社は、bitFlyerに並び国内大手取引所であったにもかかわらず、ネムの流出事件以前から登録許可がされていないみなし業者の状態でした。

流出事件が起きた今となっては、セキュリティ面なども大きく取り上げられていますが、登録判断の基準として大きな足かせになっているのは、取り扱いアルトコインの取扱数とそれに伴う通貨の特性なのではないか、と噂されていました。

特に、今回取り扱いが廃止される可能性のある匿名通貨は、通貨によって厳密な仕組みは異なりますが、匿名通貨の名前の通り取引の追跡や取引履歴が秘匿化されます。

既存の資金移動にはない形で世界が注目した特性でしたが、それ故に世界の国がマネーロンダリング(資金洗浄)などの理由や、国で管理しきれない税金処理の問題、またこれらダークネットによる利用が相次いでいるという国際的な問題など、将来的に仮想通貨法整備を進める上で大きく問題視されていました。

特に日本では仮想通貨を正式な法に則った管理を目指す、世界をリードする存在となりつつあり、そこから生まれる税金に関しても大きく動き出しています。

匿名通貨は、犯罪への悪用だけでなく、税金の側面で考えた場合でも、国にとって正しく公平な税の徴収が難しくしてしまっため、問題視された可能性もあります。

価格への影響

基本的に、取引所から通貨が廃止された場合(特に大手取引所)、取引量や通貨の流動性が失われるため、悪い材料と捉えられることがあります。

今回はコインチェックが正式な売買の開始を停止していることなどが関係しているためか、価格の下落は見受けられず、執筆時点(3月17日15時)では価格はXMRが2%高、ZECが2%安、Dashは6%高と、この発表による影響は見られませんでした。

G20も匿名通貨は議論の対象になるか

G20は2018年3月19日〜20日にかけて、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにて、「G20(20カ国・地域)」財務相・中央銀行総裁会議が開催される予定です。

財務相・中央銀行総裁会議は、各国財務大臣と中央銀行総裁が一堂に会して国際的な経済・金融問題について話し合う会議のことで、仮想通貨の規制強化を主要課題としており、仮想通貨市場の今後の方向性を占うにあたり、極めて重要な位置付けのイベントとなります。

G20で仮想通貨について議論されるのは初となり、共同声明を採択する方向です。

マネーロンダリング(資金洗浄)や不正事件を防ぐため、利用者のKYC(本人確認)などを義務付ける方針です。

ここで問題視される可能性は匿名性についてでしょう。

匿名通貨に関する内容は、今回のコインチェックだけでなく、引き続き注視する必要があると思います。

 

(引用元)

時事ドットコムニュース

Yahoo!ファイナンス

https://bittimes.net/

仮想通貨よもやま話

仮想通貨まとめNEWS

coinpost

 

ニュースサイトや仮想通貨まとめ、ブロガーに注目されて記事になっています。

今後の動向に注目ですね。

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]