CoinExchange

coinexchange(コインエクスチェンジ)とは?概要と5つの特徴を徹底解説

coinexchange(コインエクスチェンジ)は、他の仮想通貨取引所で上場していない仮想通貨も上場することが多い仮想通貨取引所です。1円以下の単位で取引されている銘柄も多くあります。取引所の取引高は、全体の仮想通貨取引所の中では多くはありません。
一方、取引可能な仮想通貨の種類では、他の取引所の追随を許さないほどにまで圧倒的です。2018年8月現在で取り扱っている通貨ペアは700種類を超えています。

coinexchange(コインエクスチェンジ)の5つの特徴

coinexchange(コインエクスチェンジ)は運営会社が不明

700種類もの通貨ペアを取り扱っているcoinexchange(コインエクスチェンジ)ですが、運営元や運営メンバーは一切不明です。2016年から創業しているcoinexchangeは、これまで詐欺やハッキング被害などの報告はありません。今のところ悪意を持って運営していることはないでしょう。
coinexchangeは、twitterやFacebookといったSNSもありません。何かしら問題が発生した場合には、トップページのサポートにサインインしてフォーラムで問い合わせることになります。

このような顔の見えない取引所を信頼して良いかは判断しきれない部分があります。手数料の変更等を含めて今後運営方針が変わる可能性もあるので、coinexchangeに大きな額を預けすぎない様に注意しましょう。

日本のQUOINEX(コインエクスチェンジ)とは無関係

日本国内にあり金融庁からも認可された仮想通貨取引所にQUOINEXがあります。アルファベットでは読み方が分かりにくいですが、『コインエクスチェンジ』と読みます。coinexchangeとQUOINEXは、共に同じ読み方をするわけです。
coinexchangeとQUOINEXは全く別の取引所です。QUOINEXの運営元であるQUOIN(コイン)株式会社2014年にシンガポールで設立され、2017年から日本に本社を移転させています。

coinexchange(コインエクスチェンジ)は法定通貨を取り扱っていない

coinexchangeの1日の取引高は10億円程度です。この取引高は世界中の仮想通貨取引所全体で100位前後の順位です。なおbitFlyerの取引高は800億円、Zaifは900億円を超えることもあります。これらの取引所と比較するとcoinexchangeの取引高は、80分の1や90分の1ということになります。
実は取引高が多くないことには理由があります。coinexchangeでは日本円や米ドルといった法定通貨を取り扱っていません。他の取引所で上位を占めるビットコインやイーサリアムと法定通貨の取引通貨の取引をcoinexchangeでは行っていないため、取引高で見ると振るわない状態となっています。

coinexchange(コインエクスチェンジ)は珍しい仮想通貨を取り扱っている

法定通貨を取り扱わない一方でcoinexchangeは、他の仮想通貨取引所では取り扱っていない仮想通貨を取り扱っています。中には日本発の仮想通貨でありながら日本国内ではまだ取り扱っていない、なんJコイン(NANJCOIN/NANJ)・ビップスター(VIPSTARCOIN /VIPS)・アリストークン(ALIS)なども、coinexchangeでは取り扱っています。
今価格が低くても、将来的に大幅に高騰する可能性を持つ仮想通貨もあるかもしれません。しかし信憑性の低い通貨も混ざっているため総じて草コインと呼ばれています。
他にはオンライン上で日本国内外のゲームを販売しているsteamの決済に利用されているエクスペリエンスポイント(XP)も、coinexchangeでは取り扱っています。2018年8月現在のXPの取引割合は、coinexchangeが約7割を占めています。

coinexchange(コインエクスチェンジ)は口座開設が簡単

日本国内の仮想通貨取引所では、口座開設のために本人確認の書類を義務化しています。しかし、海外の仮想通貨取引所の中には本人確認が不要な場合や、緩和している場合もあり、日本国内の仮想通貨取引所ほど厳しくは行っていません。
coinexchangeの本人確認も、日本国内の仮想通貨取引所ほど厳しくありません。ログインIDとパスワードの設定・認証メールの確認・二段階認証の3ステップで取引や送金が可能になります。早ければ10分もかからずに終了します。

coinexchangeだけで扱われている(草)コインに興味はあるが海外の仮想通貨取引所は不安と考えている人もいるでしょう。取引所の雰囲気を確かめるために、coinexchangeでは本格的に取引をする前に口座開設するという方法もあります。

まとめ

他の仮想通貨取引所では取り扱っていない銘柄も取り扱っているcoinexchangeは、将来性のある仮想通貨を見つけるのに適した取引所です。一方でcoinexchangeは信頼度で問題を抱えています。過度な期待はせずに試す感覚でcoinexchangeと向き合うと良いかもしれません。

■coinexchangeのHP:https://www.coinexchange.io/

 

↓各取引所の口座開設方法はこちら↓

仮想通貨取引所の口座開設方法(一覧)

▼coinexchange(コインエクスチェンジ)について詳しくはこちら▼