FCoin(エフコイン)

【FcoinJP】日本最大の取引所になる?最新ニュース(話題の取引マイニング)

FCoinJP公式ホームページ
https://www.fcoinjp.com/

FCoinJP公認Telegram
https://t.me/fcoinchatjapanese

FCoinJP公認Twitter
@fcoin_jp

FcoinJP最新ニュース(随時更新)
FCoinJPは日本最大の取引所になるのだろうか(11月13日)

日本仮想通貨デジタルジャーナルの報道によると、FCoinJPがこれから3か月間で、5つの新しいサービスを展開するとのことです。一時的に価格が下落しているFJですが、今後の価格上昇にも期待できるニュースとも考察できます。

1.FCoinJPが5つのが5つのサービスを展開予定
FCoinJPが展開するサービスについてはすでに公式ホームページ☆リンク飛ばすよ☆で確認でき、5つのサービスを3カ月以内に開始予定です。

まずひとつが「レバレッジ取引」で12月10日までの開始を予定いしています。2つ目に、FCoinJPのリファシステムについて12月を目処にリリース予定です。開発は完了されたという報告も受けています。3つ目が「日本コミュニティユーザーに人気のあるコイン・トークンのリスティング計画」。こちらは、FCoinJPが日本コミュニティに人気のある主要通貨やメジャーなアルトコインを中心に、FCoinJPプラットフォームで全てを取引できるように動いているそうです。FCoinJPは、日本で最も多くのコインやトークンを取引できるプラットフォームを目指していることがわかります。
4つ目が、日本企業のトークン発行計画。最後にアプリのUI向上についてです。この中でも特に注目されているのが、3つ目で紹介した「日本コミュニティユーザーに人気のあるコイン・トークンのリスティング計画」と言われています。まだFCoinJPを利用していない顧客を呼び込むことにも期待できます。

2.直近のFCoinJPの動向・今後の価格上昇に期待
FCoinJPは6日の「初配当」後、プラットフォームのトークンFJの価格が8日午前、一時的に急落。1FJ=0.004533USDTの安値に至りました。しかし、その後は上昇と下落を繰り返し、11月9日に1FJ=0.00576USDTまで上昇しました。およそ15%近くの上昇です。また、9日にはFCoinJPの公式サイトでFJ日次収益率変動の詳細を公開されました。FJの日次収益率は11月6日から2.43%、7日に3.95%、8日に3.88%と日を増すごとに上昇しております。足元ではFJの価格は下落しつつはありますが、上記に挙げた今後のサービス展開を考えると、価格と配当額の上昇は十分に期待できると言えましょう。引き続き、躍進を続けるFCoinJPの動向から目を離さずにはいられません。

-FCoinJPのコミュニティリンク-
FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/
FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese
FCoinJP公認Twitter:https://twitter.com/fcoin_jp

FCoinJPによる最大規模の配当はTwitterでも大反響(11月7日)

1. 初日は1,164BTC相当を配当
6日午後4時半、FCoinJPは初回の配当金をユーザに支払いました。
100万FJあたり5,729USDT(約64万円)の配当を行った今回の配当価値は、1,164BTCに相当するそうです。
主な内訳は、504BTC、542万USDT、166ETH、5,442万FJ等で、今回の配当に際して、約12.8億FJのロックアップ申請がユーザによってされました。
これは、日本人ユーザーが初めて経験した大規模な配当イベントであり、2018年の日本の仮想通貨業界において主要なイベントだと言えます。

FcoinJPの出現により、日本の取引所はその仕組みを見直すことになるかもしれません。それだけの影響力が、今のFcoinJPにはあるかもしれません。

2. 配当後の反響続々
配当開始後、多数のユーザーがTwitterに感想をあげています。
多くの方が配当に対する歓喜、期待を込めたコメントをしていますが、この配当は毎日続くのです。
これからさらにファンが増えていくことでしょう。

 

 

3. 500万FJを保有しているユーザーの配当例
あるユーザーは100万FJを保有しており、100万FJ(每百万FJ)の配当金は1 BTCを超えました。11月6日のFJの配当率は70%に近く、配当金はすべてのFJ保有者に毎日返されます。
配当生活が実現できてしまいます。

もちろん、無数のファンが彼を羨みます。
しかし彼は、これからも毎日多くの配当を得ることができるのです。
現在、FJの価格は依然として低く、今が本当にチャンスなのかもしれません。

4. 様々な意見が寄せられている今回の配当
また、配当に関するツイートには、歓喜だけでなく、様々な意見が寄せられています。
皆さんもTwitterでFCoinJPの関連コンテンツを検索し、11月6日の配当イベントについての報告、意見をしてみてはいかがでしょうか。

5. FJの価格変動をどう見るか
FJの価格はなぜ下落したのでしょうか?
それはあまりにも多くの分配金をユーザに支払ったからです。

株式や投信では、分配金が支払われる場合には、決算日の基準価額は通常、
分配金支払いに伴う下げを反映したものになります。しかし、仮想通貨の場合、
伝統的な金融商品と異なり、分配金支払いに伴う価格の下げも市場の売買によっ
て調整されます。

そのため、価格の下落はいわば正常なことです。
どのような上場会社でも、分配金を株主に支払った後は株価が調整され、株主は当然のようにそれを受け入れています。FJの場合、60%近く分配をしています。しかし、価格の下落分はユーザに支払った分配金よりもはるかに少なく、ロックアップ申請をしたユーザは、むしろ利益が出ているのです。
そして、FJの価格が下がった今、購入のコストも低く、ポジションを保持するコストを下げ、投資収益の期間を短縮することができます。

6. FCoinJPのトークンエコノミー
FCoinJPは日本の仮想通貨業界にどの様な影響を与えるのでしょうか。
FCoinJPのトークンエコノミーについて調査した内容に加え、直接FCoinJPより伺った内容をまとめました。

FCoinJPはトークンエコノミーを運用する究極の例です。
“取引手数料マイニング”という仕組みは、FCoinJPの切り札でもあります。
ホワイトペーパーでも紹介している通り、FJの総発行枚数は100億FJであり、そのうちの51%が、“取引手数料マイニング”によってユーザーに還元されます。よって、“取引手数料マイニング”は、ユーザーが取引する過程で支払った手数料であり、次の日にFJとして100%還元されます。例えば、あるユーザーが頻繁に取引を行い、1ETHの取引手数料を支払ったとすると、次の日に1ETHに相当するFTが還元されます。
このモデルの2つ目の魅力は、FJ保有者は配当を受けることができます。FCoinJPは取引所の前日の80%の収益をユーザーに還元します。
これは、株式の配当に似ており、FJを保有する比率が高い程、多くの株式を持ち、多くの配当を得ることができます。
例えば前日、取引所の収益が100BTCであり、あなたが1%のFJを保有していた場合、1BTC相当の配当を得ることができます。
また、これは取引所を“コミュニティユーザー”に還元するということです。
コミュニティユーザーが取引所の所有者であり、使用者であり、取引所のトークンを得ることができ、取引所のトークンを保有し、配当を得ることができます。
この様な中で、コミュニティユーザーは非常に積極的になり、取引手数料マイニングを行いもっとたくさんのトークンを保有しようとする人、自らトークンに投資する人もいます。

※11月3日 15:30更新の「FCoinJP新規ユーザー向けマニュアル」を参照しましょう。

11月6日、FCoinJPは日本史上最大規模の仮想通貨配当を実施します!(11月6日①)

1.新興のコミュニティ自治取引所FCoinJPは今日(11月6日)初めての配当日を迎えました。

2.FCoinJP初めての配当日は全部で1164BTC(当日の公式サイトの最新データ)がFJ保有者に分配されました。これは日本ユーザーが初めて経験したこんな大規模の仮想通貨配当です。日本仮想通貨業界2018年度最大の盛事と言っても過言ではありません。

3.配当日以降の予測について:
1),一部の資金が流出するはずです。一部の投機目的のマイナーが離れるため、価格がある程度下がりますが、一旦下がったら、配当を認識している多くの人は購入し続ける見込みです。
2),もともと配当後は配当対象と価格を調整すべき。毎日の配当で予測すれば、購入コストの回収時間が最長でも3カ月内になっているので、依然として割のいい投資で、FJの上昇を信じ込むユーザーが依然多い
3),人々が配当を認識し、市場に大量押し寄せると、必ずしも暴落を起こすとは限りません、激しい値動きが出るが、だんだん落ち着きます。7日以降の値動きが正常な現象で、価格が下がっても配当の価値を入れると、却って価格が上昇になる可能性があります。

4.FJが株と同じように毎日配当を得れると認識している人はますます増えてきています。これはユーザーと取引所の生産関係を逆転させます。Twitterの価値はユーザーに決められるのに、TwitterのユーザーはTwitterから何の株式の報酬ももらっていません。Twitterの核心資産は何でしょうか?その答えはユーザーです。ユーザーはTwitterに最大の価値を創出したのに、ユーザーはそのプラットフォームから何の利益ももらっていません。FCoinJPは生産関係に巨大な変革をもたらしました。今までのプラットフォームとユーザーの対立関係を統一関係に逆転しました。このような刺激的な仕組の下で、ユーザーの積極性が爆発し、皆は取引マイニングでより多いTokenを獲得するか自分でTokenを購入します。ユーザーは最終的にプラットフォームの所有者、つまり受益者になり、配当に参与します。

FCoinJPの初配当イベントマニュアル(11月5日②)
有名取引所FCoinとは?(11月5日①)

1.FCoinJPとは?

近日中、有名取引所FCoinが日本のチームと組み、FCoin日本(FCoinjp.com)を立ち上げることになりました。FCoinは2018年6月に創立されて間も無く、仮想通貨取引業界に奇跡を起こしました。最近、世界中にブームを巻き起こしたFCoinは、新しい取引所FCoinJPを日本に上陸させることが正式に発表されました。

2. 取引マイニングとは?
「取引マイニング」というのは、ユーザーが取引中に発生した手数料を翌日にFCoinのToken(トークン)「FT」として100%キャッシュバックするのです。例えば、あるユーザーは取引所で頻繁に取引し、一つのETHを手数料として徴収されました。そうすると、次の日にこのユーザーのアカウントに一つのETHが返還されることになります。

FCoinJP新規ユーザー向けマニュアルを発表(11月3日)

ロックアップに関して運営サイドに確認したところ、6日までに「資産」ページの中に表示される予定と連絡がきました。

FCoinJPが【コインを保有するだけで配当】の規則を発表(11月2日)

今夜、FCoinJPは”コインを保有するだけで配当”の規則を発表し、コミュニティユーザーは毎日0:00(GMT+9)までにFJ(FCoinJPのプラットフォームコイン)のロックアップ操作を行えば、前日の配当を受けられるという。

コミュニティユーザーはいつでもロックアップができ、ロックアップの時間は24時間とする。

FCoinJPのコミュニティユーザーは、”この制度は短期的にマイナーの利益のバランスも取れ、長期保有者にとってもいい。この様なルールは、凄く公平だ”と述べた。

FTあるいはFJはただの仮想通貨ではない。どちらかというと、株と似ていて、しかも毎日配当が得られる。

データを見てみましょう。

これまで、100万のFT累計106.5493btcの配当を提供している。ビットコインが平均80万円だとすると、配当は約8500万円となる。つまり、100万FTを所持するだけ8500万円の配当利益を得ることができるのだ。

平均すると、1FTが最高で約85円の配当を得ることができる。

それでは、FTの購入価格はいくらだろうか?

FJの初回配当の配当率(概算)

11月2日現在の場合だと

・18000USDTで100万FJ買える
・一回目の配当で1.37BTC(約8700ドル相当)入る

つまり、11/6の1回目の配当だけで約48%の配当率です。

FTのプライベートセール価格は0.00002ETHであり、上場直後の価格は0.000025ETH。

理論上、25ETH(現在のでいうと約57万円)で100万のFTを買えたことになる。これまでの配当状況からいうと、1億円近くの配当金を得ている計算になる。

いまのところ、たった230万円程度で100万のFJを購入できて、かつ1.4BTCの配当を得ることができる。驚くべきことだ。

FCoinJPの快進撃(11月1日)
10/30 0:00 取引を開始し驚異的な取引高を初日に上げ、業界を震撼させたFCoinJPだが、更に衝撃的なデーターを公式サイト上で公表している。

FCoinJPはプラットフォームの透明性を謳っており、リアルタイムで”現在100万FJあたりの累積収益”を公表している。

そのデーターによると100万FJを保有することにより現在(11/1 3:00)1.46701308BTC(JPY1,044.580円相当)の巨額の配当を受けることになる。

現在1FJ=JPY5.43円と計算した場合、100万FJを保有するのにはJPY5,430,000円程であり、この投資は決して悪いとは言えないだろう。

今この時間もその配当の累積額は増え続けており、伝説の取引所FCoinJPが日本マーケットに与えるインパクトの恩恵を受けるのはそのコミュニティユーザーであろうことは明らかである。

FCoinJPという、”全く新しいコミュニティ化プラットフォーム”の動きから一時も目を離すことができないのは私だけだろうか?FcoinJPが取引手数料還元キャンペーンを発表、わずか5時間で出来高が105億を突破!

FCoinJPがローンチ後三日目、取引手数料還元メカニズムを始動した。

第一段階において、FCoinJPは特別に毎日2000万のFJ(FcoinJP Token)を用意し、ユーザに還元する。還元額はFcoinJPの出来高に対して各ユーザの取引金額が占める割合によって決定される。

例えば、FcoinJPの出来高が100万で、あるユーザの取引総額が5万の場合、当ユーザは出来高の5%を占めていることから、特別に用意された2000万FJの5%、つまり特別に100万のFJを得ることができる。

第1期目を例とすると、マイニング総数が100btcで、ユーザAが5btc貢献し、つまり5%を占めている場合、ユーザAはマイニングによる収益以外に、さらに2000万FJの5%、つまり100万のFJを得ることができる。

このキャンペーンが公表された5時間後、FCoinJPの出来高は1705億円を突破した。

FJ Toke取引開始1分後には500%に暴騰(10/31)

FJ Tokenが10月30日、日本時間21時に取引が開始されました。取引開始1分後には500%に暴騰し、0.05USDTに達しました。 FJの発行数量は100億であり、その51%は取引によるマイニングで算出されます。FcoinJPの日々の収入の80%はFJホルダーに配当として分配されます。

FCoinJPは”トークンエコノミーのリーダー”であると自負しており、また、世界中に”取引マイニング”モデルを普及させる準備ができているとのことです。 2. FJの高配当性 FJを長期に保有すると、驚くほどの配当を得られる可能性があります。過去四ヶ月間で、100万FTの配当は1億円近くに達しました。

▼FCoinについてお調べの方はこちらの記事もチェック▼

仮想通貨取引所のFCoin(エフコイン)が注目される理由とは?

この記事がいいね!と思った方、LIKEボタンを押してもらえると励みになります!(5LIKEまで無料)