取引所

『HitBTC』日本法人の設立準備中と公式ブログで発表

先日、日本人の取引禁止を発表したHitBTCが日本での取引を可能にするため、日本法人の設立準備をしている事を公式ブログで発表しました。

公式発表の内容は以下の通りです。

『HitBTCは日本で規制された子会社を立ち上げる準備をしています』

2018年6月3日

世界で最も技術的に高度な交換プラットフォームであるHitBTCは、日本にライセンス子会社を設立するための規制インフラを整備しています。同社は規制当局と協議しており、日本の住民が現在の規制を遵守するための業務を中断することに決めました。この措置は、最近の日本の金融庁(FSA)による規制変更に対応して行われ、同国に住む人々にのみ適用されます。

今年、HitBTCチームは世界的に認知されている日本の法律事務所と協力し始めました。その協力は、地元の子会社のセットアップとライセンスを取得し、日本人へのサービスを再開することを目的としていました。同社は積極的に現地事務所を雇用し、2018年第3四半期に日本事業の立ち上げを促進するM&Aの機会を模索しています。

HitBTCのチーム代表は次のように述べています。業界の中心にいるということは、業界の成長に貢献する優れた技術の開発だけでなく、驚異的な責任が生じます。セキュリティとより高いレベルのサービスに対する責任も含まれますが、規制への準拠は市場を整備する事が不可欠です。広範な規制当局の承認を念頭に置いて、我々はビジネスをすぐに再開することに自信があります。

HitBTCは世界中のさまざまな地域の当局と規制当局と緊密に協力してきました。HitBTCチームは、偉大な資源を配分し、APAC地域と今後の地域における成長に重点を置いています。


HitBTCについて

2013年以来、HitBTCは世界で最も技術的に進歩した暗号化交換方式です。
HitBTCは、優れた技術者、高水準のファイナンス専門家、経験豊かなトレーダーとのコラボレーションとして創設され、最も信頼性が高く高速で強力なプラットフォームを提供しています。HitBTCチームは、新しいセキュリティ要件、規制、暗号取引業界のサービスレベルの要求の高まりに従って、この最前線の地位を維持しようと努力しています。

市場の声

 

 

 

 

【速報】『HitBTC』が日本人の取引禁止を決定

HitBTCの日本人取引禁止で利用者の声として、焦る方もいれば、大丈夫でしょうと言った声がそれぞれありました。この発表を受けて『法令順守の真面目な取引所』と言った印象も出ているようです。

 

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。