ビギナー(初心者)

世界最大級取引所による【Huobi Token(フオビトークン)】

どうも!クリプト筋肉です!

今回も、『ICO調達金額ランキングトップ20一覧』という以前の記事に沿って、昨日のDragon Coinに続き今日はランキングの第3位であるHuobi Token(以下:HT)について迫って行きたいと思います。

Huobiとは

そもそもHuobiとは、今年4月現在で約100種類の仮想通貨を扱っている仮想通貨取引所です。以前は中国で3つの指に入る取引所でしたが、規制の煽りを受けて今は香港に本社を移しています。

なお、昨年末にはSBIとの業務提携を発表したことでも話題にのぼり日本を含めたビジネス展開を見込まれていましたが、今年の3月に提携は解消されています。ですが、日本語対応はありますので英語が苦手な方でも安心して使っていただけます。

Huobi Tokenとは?

HTは現在はHuobiでのみ取り扱いがされている独自のトークンになります。ですので欲しい方はまずHuobiに登録するところから始めなければいけません。

特徴・使い方として以下が挙げられます。

  1. 手数料の割引:HuobiではHTを使用することによってVIP会員になることができ、手数料が最大で50%オフになります。
  2. 買い戻し:Huobiは年間を通して市場のHTを買い戻し、流動性を確保するとしています。そして、ユーザーを保護するための資産として、補償金などに充てるそうです。
  3. ホルダー特典:HTホルダーはHuobiでの上場トークンが付与されたり、サービスへの要望が行えるとのことです。
  4. トレード:トレード対象になっておりUSDT/BTC/ETHの通貨ペアがあるとのことです。

ICO情報

  • トークン:HT
  • 上限発行量:5億HT

1月24日〜2月7日まで毎日11時から、販売期間内に独自のプラットフォーム上で「Huobi Point Card」と呼ばれるポイントカードを購入することで、無料で定められた比率で受け取ることができるそうです。

このポイントカード購入というところがミソになってきます。

1ポイント=1USDTのポイントカードを購入し、それにHTが付与されるということなんです。さらに例えば、1000ポイント購入すると800USDTなどといった割引もあるそうです。

つまり、ポイントカードを買えばそれ同等、またはそれ以上のポイントが貰える上にトークンが付与されるってことは実質タダ!?というかむしろ得してる感があります。

トークンの割当

  • 60%パッケージ購入者への無料配布
  • 20%運営費用とユーザー報酬
  • 20%運営チームへのインセンティブとしてロック

HP引用

ロックアップ期間は4年間で、毎年5%ずつ放出されるとのことです。

考察

HTは1月に行われたトークンセールで開始後1分で完売する(1秒という噂もある)など、Huobiは世界でも取引量がかなり多い勢いのある取引所です。ということは過去の流れから見ると取引所独自のトークンを発行しているということは、取引高が高ければそれだけ価格も上がるという可能性があります。

また、現在も日本語には対応していますが、今年の6月に日本用のウェブサイトをローンチする予定らしいので、確実に上がるなどとは断言できませんが、注目すべき価値はあると思います。

今後も、動向には注目です。

公式HP:https://www.huobipro.com/ja-jp/

公式Twitter:https://twitter.com/huobi_pro

 

 

▼ICO関連の記事はこちらから▼

こちらでも堂々3位!

『ICO調達金額ランキングトップ20一覧』