ICO

テゾス・ボードの再編成

テゾス・ボードの再編成(2018年2月22日)
テゾス財団は、全会一致でRyan JespersonとMichel Maunyを理事会に任命しました。2人の新しいメンバーは、任務の遂行において財団を最適に支援するために自主的に辞任することを決めたJohann GeversとDiego Olivier Fernandez Ponsの代わりになります。

2人の新しい理事会メンバーが、2018年1月31日に理事会に任命されたLars Haussmannに加わります。この新しい理事会は、近い将来に理事会メンバーの数を増やすことを楽しみにしています。Ryan Jespersonは、Johann Geversを社長に替える予定です。彼は家族とスイスのツークに移住する予定です。さらに、Crypto Valleyの生態系を支援し、スイスをブロックチェーン技術と革新の中心地として確立することを支援します。

2名の新会員を理事会に任命すると同時に、財団はTezosネットワークのタイムリーな立ち上げを支援する準備をしています。

Tezosプロジェクトの重要な時期に、TezosコミュニティのリーダーとなったRyan Jesperson氏が、今月の理事会に参加することを楽しみにしています。

(Tezosプロジェクトの最善の利益を提供するために、Johann GeversとDiego Olivier Fernandez Ponsは自主的に財団理事会から辞任することを提案しました。彼らはTezosプロジェクトの成功に尽力し、今後も明るい未来に向けた開発を支援していきます。両方のサービスに感謝します。)

Lars Haussmannに理事会の新メンバーとして参加するRyan Jesperson氏とMichel Mauny氏は、両方とも熟練した専門家です。Ryan Jespersonは、Tezosコミュニティのメンバーです。最近では、FinTechのDivivy社の最高執行責任者(COO)を務めました。ブリガム・ヤング大学で学位を取得し、デューク大学のフーガ・スクール・オブ・ビジネスでMBAを取得しました。Divvyに勤務する以前は、LDS教会のSelf-Reliance Servicesイニシアチブの立ち上げを支援し、医療業界のエグゼクティブ、折り返しの専門家、テクノロジー起業家でした。

Michel Maunyは、Inria(パリ、フランス)の上級研究員です。彼の科学的関心は、主にプログラミング言語の分野である:設計、実装、セマンティクス、静的解析、およびタイプシステムである。パリディドロ大学で博士号を取得した後、1985年にInriaに入社し、Coq証明アシスタントとOCamlプログラミング言語を設計、開発した研究グループでプログラミング言語に取り組んだ。1989年から2005年まで彼はOCamlを開発した研究チームを率いていました。

プレスリリース:Tezos Boardの再編成

 

(引用元)

https://tezosfoundation.ch/news/tezos-board-reorganized/

 

テゾスHP

https://www.tezos.com/

テゾス財団HP

https://tezosfoundation.ch

Tezos Foundationの目的は、オープンで分散化されたソフトウェアアーキテクチャの分野で、新しいテクノロジとアプリケーションを促進し、開発することです。

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。