ICO

ニュージャージー州、Steven Seagalが支持したICOへの停止通告書を発行

ニュージャージー州は、映画俳優のSteven Seagalが支持したICOに停止命令を出しました。

ニュージャージー州証券局は、3月7日に提出された命令で、Bitcoiinがニュージャージー州の住民に未登録証券を売っていると主張しました。この文書では、Seagalの署名を強調しているが、Bitcoiinの開発者、役員、管理者、従業員、経理、および/または取締役は匿名であると述べ、プロジェクトの背後にある人々に関する具体的な情報が不足していることを強調しています。

「Bitcoiinはニュージャージー州で有価証券を売却するために登録されたことはない」と当局者は書いています。

このプロジェクトは先月、1990年代のアクション映画役で最もよく知られているSeagalが公式のTwitterアカウントを通じて仮想通貨の提供を支持した後、見出しに乗りました。 その注目の発展は昨年の一連の支持と、トークンセールにおける有名人の関与に関する米国証券取引委員会(SEC)のその後の警告を招きました。

Bitcoiin ICOは、ビットコインとの密接な関連付けによって投資家を誤解させようとするネズミ講であると非難されていました。それは、Bitcoiinが後に公開声明で非難されたという主張です。

注目すべきは、ニュージャージー州の中止命令がブランド大使としてのSeagalの役割を強調し、俳優がプロジェクトに所有権を持たないことを示すウェブサイト上の免責事項を指摘しています。そして、当局者は、彼が受け取ったかもしれない報酬に関する情報がないことを問題視しています。

「BitcoiinのWebサイトはBitcoiinの投資が適切で、連邦および州の証券法に従うことを確実にするためにSteven Seagalが必要とする専門知識を明らかにしていない」と命令で説明しています。また、「BitcoiinがSteven SeagalのBitcoiin投資の促進と引き換えに支払った報酬の性質、範囲、金額についての開示がない」としています。

Seagalは、ニュージャージー州の停止命令が発表される1日前に、「#Ad」ハッシュタグのメッセージで、Bitcoiinが「世界的に最大の取引所の一部に上場している」と主張してツイートを投稿しました。そして同氏は、追加の詳細が「まもなく来る」と付け加えました。

当局は、詐欺の可能性から州の投資家を守るための努力として、水曜日の停止通告書を策定しました。

「同所の今日の行動は、投資家にとって、有名人の支持は、仮想通貨に関連する投資に興奮と誇大宣伝を加えることができ、それらは投資が健全であることを保証するものではない」とGurbir Grewal司法長官は声明で述べました。

(引用元)

https://www.coindesk.com/new-jersey-slams-celebrity-endorsed-bitcoiin-ico-with-cease-and-desist/

 

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓