BitConnect

米国裁判所、BitConnectの資産を訴訟として凍結(2018.1.31)

BitConnectの資産を凍結させている一時的な拘束命令(TRO)は、月曜日に仮想通貨取引所と融資プラットフォームに対して2度目の訴訟が提起された後、米国で付与されました。

ケンタッキー州西部地区連邦地方裁判所のチーフディストリクトJudge Joseph McKinley, Jr.によって与えられた命令は、当事者は、仮想通貨取引のウォレットと取引口座のアドレス、および過去90日間にBitConnectが仮想通貨を送信した相手の身元を開示するよう要求しています。

被告は、命令に従うために10日間を有し、TROによると、これらの開示に加えて、BitConnect International PLC、BitConnect LTD、BitConnect Trading LTDおよびRyan Maasenは、裁判所の許可を得るまで所有している資産を移転することは禁じられています。

 

この命令は、取引および融資プラットフォームを停止した後、BitConnectに対して提起された2度目の集団訴訟に対応しており、取引がポンジスキームであることを主張しています。

ケンタッキー州在住のBrian Paige原告は、BitConnectのすべての投資家に代わって訴訟を提起し、同社が取引所を閉鎖していると発表したときに、ビットコインおよびその他の仮想通貨資産がBitConnectコイン(BCC)に変換されたことを指摘しています。当時300ドル以上で取引されていたBCCは、プレス時に約6ドルに墜落していました。

裁判所は、BitConnectの資産が凍結されていない場合に原告が資金を回収する機会を失うことを立証し、TROを強制することは「国民が大量の消費者詐欺やその他の証券違反を防止することに興味を持っているため、公的関心事である」と語りました。

 

訴訟は以下のように続きました:

この一時的な拘束命令は、裁判所が聴聞会を開催するまで、現状維持と回復不能な害を防止するために被告に通知することなく行われています。

 

訴訟の性質と証券違反の疑いがあるため、裁判所はまた、原告は「成功の可能性が高い」と指摘しました。TROは「現状を提示し、裁判所にこの事件のメリットについて意味のある判決を下す能力を与える」と表しています。

 

申請書によると、TROは2月13日が期限になる予定です。

※TRO(temporary restraining order)暫定的差し止め命令.

(引用元)

https://www.coindesk.com/us-court-freezes-bitconnect-assets-as-lawsuits-mount/

 

最近の記事

NEMのウォレットをつくろう(windows版)~コインチェック騒動から学ぶ~(2018.1.30)

コインチェック:金融庁の業務改善命令について(2018.1.29)

流出被害、金融庁が「コインチェック」処分へ(2018.1.28)

仮想通貨少女:給与に支障。流出問題を受け会見「早く復旧してほしい」(2018.1.27)

コインチェック:不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について(2018.1.28)

ホットウォレットとコールドウォレット~コインチェックの不正アクセスから学ぶ~

Coincheckは新たなMt. Goxではない(2018.1.26)

コインチェック会見(2018/1/26)全文公開

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

 

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

 

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

~仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。