BitConnect

BitConnectの訴訟がフロリダで積み重なる

フロリダ州でBitConnectに対して集団訴訟の状況を求める別の訴訟が提起され、この種の第3の法的措置は、州で開始されており米国内全体で5州目です。

フロリダ州住民のAndrew Kline、Dusty Showers、Lena Huntは、ロードアイランドの住民であるCharles Mabraと共に、2月7日にフロリダ州中部地区連邦地方裁判所に訴訟を起こしたと公的文書に示されています。さらにミネソタとケンタッキー州で追加の訴訟が提起されています。

過去1年間に提起された以前の訴訟と同様に、Bitconnectの様々な権力を被告として名づけています。この例で引用された被告の中には、BitConnectの取締役Glenn Arcaroおよび関連会社Ryan Maasen、ならびにPonziスキームの疑いのある他の不明なエンティティがあります。

この訴訟では、BitConnectは、BitConnectトークンを購入したユーザーが見る可能性のある配当を誇張して、州の未登録証券を売却し、詐欺行為を行ったと主張しています。原告はまた、被告がフロリダの取引および証券法ならびにロードアイランドの適用法に違反していると主張しました。

原告は陪審審理を求めており、それが成功した場合、被告に対して損害賠償が課せられることになります。同文書によると、収入は投資家に返済し、裁判の費用も同様に提供するとしています。

ちょうど先月、BitConnectは、以前の訴訟が被害にあった投資家によって提起された後、資産が凍結したのを見ました。 BitConnectの融資プラットフォームが閉鎖された結果、BCCトークンの価格は、300ドル以上からプレス時の約2.90ドルに低下しています。

1月に、テキサス州とノースカロライナ州の規制当局は、予定されていたトークンの売却に先立ってBitConnectに対して動きを見せ、その月の後半の融資プラットフォーム閉鎖の発表前に休止通知を出しました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/bitconnect-sees-5th-class-action-lawsuit-filed/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。