ICO

カナダ政府関係者がGoogleに仮想通貨とICOの広告を禁止するように要求(2018.2.7)

カナダのManitoba証券委員会の上級調査官は、同国の監督当局は、FacebookがビットコインとICOの広告を禁止するというソーシャルメディア大手の決定に対して「非常に満足」していると述べています。

カナダのバイナリオプションタスクフォースの会長も務めるJason Royは、規制当局は、「この種の広告は人々を犠牲者に導いている」との懸念についてGoogleと会話していると語りました。

同氏は、GoogleもFacebookと同様の過程を得て、バイナリオプション、ICO、仮想通貨の広告コンテンツを制限するべきだと提案しました。

「さまざまなICOや新しいトークン、クレイジーな製品が爆発的に増加しています。あなたは、大量の資金を調達しているICOを見ているかもしれないが、その背後には何もない場合もあります。しかし、一般の人々は、彼らがICOにお金を投げていることにとても興奮している」とRoyはイスラエルタイムズに語りました。

Facebookは1月30日にブログのポストで、仮想通貨に関する広告の禁止を発表しました。同社の製品管理ディレクター、Rob Leathernは、当時、以下のように記しています:

詐欺や欺瞞の恐れなしに、Facebook広告を通じて新しい商品やサービスを発見して学び続けることを願っています。それはつまり、バイナリオプション、ICO、および仮想通貨を現在誠実に運営していない多くの企業がいるということです。

Royのイスラエルのニュースサイトへのコメントは、ますます仮想通貨を支配しようとしている当局からのより一般的な規制のおしゃべりと一致しています。

そして米国商品先物取引委員会と証券取引委員会委員長は、火曜日に、ICOは現在よりも証券のように扱われ、規制されなければならないと証言しました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/canadian-official-wants-google-ban-ads-crypto-icos/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。