ICO

カンナビス出版物をCivil分散型ニュースプラットホームで開始

Cannabis Wireは、マリファナ業界を対象とした業界向け出版物で、ブロックチェーンベースのジャーナリズムプラットフォームCivilに関するニュース編集室を立ち上げるためのものです。

Civilisの発表によると、Cannabis Wireのニュース編集室は、個人消費者と農家、議員、ロビイストなどのより大きな組織の両方で、さまざまな種類のコンテンツを提供することを目標としています。

「大麻産業を責任ある形でカバーするためのより客観的な基準を推進しています。多くの人々は、今日の基準範囲とそれが人々に影響を与える無数の方法を理解していません」とCannabis Wireの共同設立者であるAlyson Martin氏は語っています。

Civilは、Cannabis Wireのニュース編集室のスタッフに、分散型プラットフォーム上でコンテンツを配布することによって質の高いジャーナリズムを広めるためのインセンティブを与える仕組みを強く求めています。読者は仮想通貨をコンテンツを支払うために使用し、システムは広告主の必要性を回避し、政治的影響を回避します。

ニュース編集室はCivilのERC-20「CVL」トークンを使用してコミュニティメンバーによって自治管理されています。さらに、このプラットフォームは、コンテンツが分散型台帳に保存されるため、アーカイブの改ざん防止に誇りを持っています。

Civilの分散型ニュース編集室は、昨年10月、ブロックチェーン開発会社のConsenSysから500万ドルの資金提供を受けました。報告されているように、Civilは当時資金の半分がそのサービスを開発するために使われると述べました。

まだ開発中であり、ニュース編集室の運営の成功はまだ見ていませんが、Civilisはウェブサイトによると、Cannabis Wireなどを含む少なくとも5つの出版物を締結しています。

(引用元)

https://www.coindesk.com/cannabis-publication-to-launch-on-civils-decentralized-news-platform/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓