ICO

Uberの共同設立者Garrett Camp。1兆Ecoトークン発行を予定。

Uber(ウーバー)の共同創業者であり、アクセラレータ/ベンチャーファンドExpaの創設者として最も知られているGarrett Campは、独自の仮想通貨を開始しています。

通貨はEcoと呼ばれ、Campは日常的な取引のために世界中の決済ツールとして使用できるデジタルでグローバル通貨になることを望んでいます。

まず初めに1兆のトークンが発行されますが、そのうち50%はサインアップした最初の10億人の検証された人間に与えられます。 20%は信頼できるノードを運営する大学に、10%は顧問に、10%は戦略パートナーに、10%は新設されたEco財団に行き、ネットワークの作成と維持を担当します。Campだけでなく、Expaに所属する少数のパートナーは、運営予算で基金を育てるために1000万ドルを寄付する予定です。

特にICOの予定はありません。これは、プロジェクトのために資金が調達されないことを意味し、プロジェクトが現在ほとんどの主要なICOで普及している潜在的な法的問題を回避することを可能にします。

Ecoの最初のホワイトペーパーでは、仮想通貨で共通するいくつかの主な問題を改善したいと説明しています。

まず、ネットワークサポートと取引認証に検証済みのノードのみを使用したいと考えています。つまり、匿名の誰かがノードと承認を実行してビットコインのネットワーク上でできるような取引の確認をできないこと意味します。これは本質的に51%攻撃やその他の不正行為の問題を取り除きますが、真に分散されないことを意味します。

次に、Ecoは大きなトークンの供給(少なくとも最初は1兆)とシンプルなウェブアプリケーションとモバイルアプリを提供します。これは、プロジェクトがよりユーザーフレンドリーになるように試みる可能性が高く、Ecoトークンの換算レートは1ドル以下を意味し、通常のユーザーは、ビットコインでよく起こるようなトークンの価格が高くなることで脅かされることはありません。同様に、ウェブとモバイルのアプリディレクティブは、技術的な能力に関係なく、誰でも簡単にウォレットにアクセスできるようにすることを意味します。

最後の改善点は、取引認証とトークン生成に関して、Ecoがエネルギー効率的であることを望んでいるということです。これは、他のいくつかの仮想通貨のように、ネットワークをサポートする電力集約型のマイナーのネットワークがないことを意味します。

Ecoは素晴らしいコンセプトですが、斬新なコンセプトではありません。仮想通貨の初期の頃から、グループは独自のデジタルブロックチェーンを作成するためにビットコインを「コピー&ペースト」してきており、そこには彼らが世界を変えると思う少しの違いがあります。

例えば、LitecoinとEthereumは両方とも、より高速なブロックチェーンを持ち、取引時間が長くなります。テレグラムの今後登場するトークンとKikのKinトークンの両方が、高い供給力と低いトークン価格で、モバイルで最初に使用される日常的なトークンになろうとしています。Rippleは既に匿名ノードを避け、代わりに彼らによって選択された正当なグループによって実行される信頼できる検証ノードを使用します。Ethereumはよりエネルギー効率が高くなるためにProof of stakeに取り組んでおり、NEOはすでに有効なものを持っています。

 

その通りです。

現在、これらの改善された機能を備えた既存の仮想通貨の欠如はありません。代わりに、私たちは開発されたエコシステムの欠如に苦しんでおり、これらのブロックチェーンの実際の日常のユースケースを開発し、サポートする必要があります。新しい仮想通貨を開始することは難しくありませんが、実際に仮想通貨を有効にするために必要な数百、数千のサービスプロバイダー、商人、金融機関を搭載することは困難です。

おそらくEcoはこれにより良い運を持つことになるでしょう。実際、エコシステムを構築するパートナーにサインアップすることは、Garrett Campの関与とハイテク産業における高姿勢を考えると、この新しい仮想通貨が成功すべき領域であります。

Ecoは年末までにテストネットを稼働させることを望んでいますが、ユーザーは今すぐサインアップしてユーザー名を求め、いくつかのトークンを予約することができます。

https://eco.com/home?locale=ja

 

(引用元)

https://techcrunch.com/2018/03/01/uber-co-founder-garrett-camp-is-creating-a-new-cryptocurrency/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓