ICO

ドイツの規制当局、ICOの「正確な」監視を約束

ドイツの金融市場監督当局は、有価証券と見なされるものを含め、ICO中に売却されたトークンをどのように分類するかについて、新たなガイダンスを発行しました。

2月20日、連邦金融監督局(BaFin)は、ドイツ国内でのトークンセールを検討している企業からの問い合わせの殺到の動きに合わせて、通知状を発行しました。この動きは、2017年後半にICOへの投資に伴うリスクに関して警告されました。

(現在、英語版は入手できない)通知状は、BaFinが活動を支配する広範な規則を発行するのではなく、法的地位を決定するためにトークンを「ケースバイケースで正確に調べる」ことを明らかにしています。トークンは、株式、デリバティブ、議決権のデジタル表現など、さまざまな金融商品を表すことができます。

当局はまた、通知状を使ってICOを立ち上げようとしているスタートアップにいくつかのアドバイスを提供しました。それは、それぞれの製品が既存の国内およびEU全体の規制に該当するかどうかを確認するためにトークンの提供を勧告しています。

BaFinはまた、企業がICOとトークンの規制されたグレーゾーンを認識するよう促し、セールを開始する前に、オフィスに連絡するようアドバイスします。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/german-regulator-pledges-precise-oversight-icos/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓