ICO

ジブラルタルはICOルールへの市場主導のアプローチを取る

ジブラルタルは、ICOを規制する動きをしているかもしれません、しかし当局者は、「良い」トークン・セールがどのようなものかを判断することは市場に任されると述べています。

英国は、今月初めにICO規制を策定していると発表し、これには、コンプライアンスの管理を担当する「認定スポンサー」のためのシステムの導入が含まれる予定です。ジブラルタル政府は、「トークンの宣伝、販売、流通」に取り組む三者のアプローチを概説し、トークンに関する十分に規制された流通市場を作り、その管轄内でトークン投資に関するアドバイスを提供する基準を確立します。

「我々は、トークンセールにおいて「良い」ものとは何かを言うために、規制当局、または実際にジブラルタルは自らの法律を制定する管轄として我々を見ていません。」とジブラルタル金融サービス委員会(GFSC)の上級顧問であるSian Jonesは、火曜日のインタビューでCoinDeskに語りました。

代わりに、規制当局は、「認可されたスポンサーの市場が、何が良いかといったようないくつかの異なる選択肢を思い付くようにするだろう」と、Jonesは述べました。

Jonesは、ブロックチェーンの資金調達モデルには、万能な規制アプローチは不適切であると説明し、代わりにジブラルタルがベストプラクティスの原則を策定していることを示しています。これらの原則を使用すると、認可された各スポンサーは、スポンサーであるICOまたはトークンに適用するために、「独自の方法論を思いつく」ことができます。

Jones は、これらの措置がスポンサーの一種の自己規制を暗示しているかどうかを問われると、次のように答えました:

私はそれが自己規制だと言っている限り私が到達するかどうかはわからない、しかし
それは確かに共鳴する – つまり市場が良いICOがどういうものかを決定するという考えです。

ジブラルタル金融センターの上級財務エグゼクティブであるPaul Astengoは、CoinDeskに、この領域のICO規制のタイミングは、ブロックチェーンと仮想通貨業界における「開発を遅らせる」努力の成果だと語りました。

同氏は、この法案は、ジブラルタルの1月の分散型台帳技術を扱う企業のライセンスの導入後の論理的な次のステップであると説明し、ブロックチェーンのスタートアップにとって魅力的な場所になっています。

同様に、Astengoは「良質の企業を歓迎したい、私たちは私たちのためにそうであるように評判を心配しているように動作させたい人々を歓迎したい。そして、我々は、この規制枠組みのためのさまざまな要素のすべてが、企業のために達成しようとしていることをサポートするのに十分であることを確かめたい」と述べました。

仮想通貨ファンドのためのロードマップ

AstengoとJonesはまた、ジブラルタルが仮想通貨とトークンに関連する投資ファンドに関する規制を検討しているという報告を確認しました。

「我々は、我々の投資ファンドに仮想通貨関連資産を組み込むことを検討している」とJonesは述べています。「トークンセールのように私たちの考えはまだ発展していないと言ってもいいと思う。だから今再検討中の問題である」として当局は、今年後半にこの問題に関する追加の詳細を明らかにすることを期待しています。

両当局者は、ジブラルタルの今後のICO法を、ブロックチェーンおよび仮想通貨産業の進展と並行して進化し続ける規制枠組みの1つの要素と見なしています。

Jonesは、「ブロックチェーンと分散型台帳技術を長いゲームとして見ている」と語りました。「これは、顧客と企業、市民、政府との信頼関係に重要かつ深遠な影響を及ぼし、持続可能性の高いものと考えています。」と加えました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/gibraltar-take-market-driven-approach-ico-rules-officials-say/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。