ICO

すべてのICOが有価証券というわけではない

CoinDeskの2月8日の意見記事では、SantanderのJulio Fauraは、「ユーティリティトークンは悪い考えだ」と示唆しています。なぜなら、実際に有価証券を販売していないICOを示唆するための「我々自身への嘘」になるかもしれないからです。

むしろ、Fauraの見解では、「当初から有価証券であることを認識し、明確に定義されたICOスキームを構築するための枠組みにまとめて取り組むべきだ」そして、この「ICOプロセスは、証券法を遵守するために規制当局と協力して設計されるべきである」と述べています。

Fauraの見解は何もないところに存在するわけではありません。ゴールドマン・サックスの世界的な投資研究責任者は、2月5日付けの報告書で、ICO投資家は投資全体を失う可能性があることを示唆しています。それは、投資家を守るためにICOを規制すべきであるというFauraの根底にある前提と結びついているのです。

彼の提案するハイブリッドソリューションがどのように実装されるのかははっきりしなく、資本市場や規制当局からの完全な買い込みを必要とするため、それが1日目からの成功の見込みはないでしょう。

一体なぜ既存の金融機関や規制当局は、有価証券の売却とみなされたとしても、従来の証券法の下で既存の資本調達方法を打ち破り、ICOを圧迫しようとするのでしょうか。

答え:彼らはしません。Santander InnoVenturesが部分的に資金を提供しているリップルは、ブロックチェーン技術とコインを使って、従来の銀行や金融市場がどのように競争するかを垣間見ることを提案しています。

Fauraの意見記事は、それぞれのICOは実際に米国証券取引委員会(SEC)の調査対象証券を提供していると主張しているため、すべてのICOを同一視しています。しかし、それはそう単純なことではありません。

実際に、Fauraは、なぜSECはリップルのXRPの “デジタル資産”に時機到来をしていないのかと不思議に思うのでしょうか?それは間違いなく集中化したトークンを発行する正式なICOがなかったにもかかわらず、個人がXRPコインを購入できる18の取引所で取引されています。実際には、約9,400万ドルのベンチャーキャピタルを調達した後、リップルはおそらくICOを必要としません。

1つのICOは、SECの手の届かないところに残され、Perkins Coieの法律事務所によって「ゲートキープ」され、1分の間に3,500万ドルを調達したユーティリティトークンの販売を伴いました。 Braveのトークンは、消費者の注目を集めたデジタル広告エコシステムを作り出します。これがBasic Attentionトークンと呼ばれる理由です。そのようなエコシステムは、1995年のウェブ・エコシステムに結びついた現在のデジタル広告計画からのアップグレードであることは確かであります。

合理的な規制

SECと他の規制当局は実際にこの分野で非常に測定されたアプローチを取っているようです。その後の詐欺師を抑止するために最初の明らかな詐欺師に積極的に焦点を当て、技術を少し野放して展開させます。

驚くことではないですが、原告の弁護士は、SECがまだ動いていない場合には、いつも以上に良い仕事をしています。Davy v。Paragon Coin、Inc.ら、ケース番号18-cv-00671(N.D. Cal。2018年1月30日)およびPaige v。Bitconnect Internを参照のこと。 PLC、et al。、ケース3:18-CV-58-JHM(W.D. Ky。2018年1月29日)。

最近の指標は、SECのICOの位置付けのこの解釈を裏付けるようであります。

2月6日、SECのJay Clayton委員長は上院銀行委員会の前で、ブロックチェーンから得られる可能性が「非常に重要」であると認めました。そして彼の共同証言人、商品先物取引委員会のChristopher Giancarlo委員長は、ブロックチェーンに基づいたビジネスにとって「驚くほどの可能性を秘めている」と述べました。

しかし、彼の証言の中で、Clayton委員長は、未登録のセキュリティを提供するICOを含む詐欺や操作について、SECは引き続き「厳重に取り締まる」と述べました。これは、Clayton委員長が12月11日にSECの執行部が連邦証券法違反の可能性のあるICOに対する措置を「積極的に実施」し、勧告して​​いることを要求したことを前提としています。

Clayton委員長は、ICOを取り締まるためにSECは「激しい努力をしている」と述べましたが、バージニア州のMark Warner上院議員によるSECへの質問、すなわちSECが以前のICOを「戻って調べる」かどうかについては答えないよう選択しました。

言い換えれば、「私が見たすべてのICOはセキュリティだ」というClaytonのコメントにもかかわらず、SECが攻撃しないBATのようないくつかのICOがあるかもしれないということです。

数億ドルの資金を調達している2017のいくつかのICOがSECによって対処されないとの見通しは、明確な「ナッジウィンク」で、すべてのICOがSECの規制下に置かれているとは限らないということを意味します。

XRPとBATの場合と同様に、将来的には有価証券として認識されていないため、SECの査定を逃れている破壊的なブロックチェーンイニシアチブ上にさらに多くのトークンが構築される可能性があります。

Munche MUNの提供から数週間後に、 Munchee、Inc.への移行にもかかわらず、SECがまだそれらへ移行していないという事実は、真の本源的価値を生み出す破壊的なブロックチェーンイニシアチブに直面した場合、SECはその執行活動を緩和する合図です。

言い換えれば、ユーティリティトークンは結局は良いアイデアかもしれません。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/no-not-icos-securities/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。