ICO

Quanta(QNTU)、スイス最大取引所「Lykke」への上場決定のお知らせ

QNTU、スイス最大取引所「Lykke」への上場決定のお知らせ

Lykke ExchangeQuantaのQNTUが上場することが決定しました。

スイスのFinTech企業で、規制対応を重視する暗号通貨取引所「Lykke Exchange」に、

2018年5月16日、Quantaのユーティリティ・トークンであるQNTUが上場します。

Lykkeの創設者兼CEOのRichard Olsenは、「Lykke ExchangeにQNTUが加わることを大変嬉しく思います。今回の上場により、ギャンブル業界からの投資や取引のさらなる機会をLykkeにもたらします」と述べ、QNTUの上場を歓迎しました。

Quantaを代表し、CFOのSteven Ormond-Smithは、「Lykke Exchangeへの上場は、今年2月にプロダクトをローンチしたQuantaにとって非常に大きな一歩です。Lykkeへの上場により、Lykke Walletを通じて、QNTUの取引が迅速に行えるようになります」と、上場の意義を語りました。

Lykke取引所でのQNTUトークン取引は、2018年5月16日に開始される予定です。

この契約により、QNTUは、多数の暗号通貨とトークンを有するLykke Netherlands B.V.の取引所においての売買が可能になります。さまざまな地域の投資家が、Lykke NLの取引所に、iOSとAndroid用の無料のLykke Walletのアプリを通じてアクセスできます。

LykkeおよびQuantaの概要は以下の通りです。

<Lykke Groupについて>
Lykkeは、世界市場に対し資産のスムーズな取引を実現するため、2013年に設立されたスイスを本拠地とする多国籍Fintech企業です。Lykkeは、クリプトバレーに代表されるように、暗号通貨やブロックチェーン産業における先進国スイス有数の暗号通貨取引所です。

Lykkeは、FXトレードプラットフォームなどのサービスを提供し、日本を含む世界8箇所に金融拠点を持ち約200カ国にクライアントを有するOANDAの創業者・元CEOのRichad Olsen博士によって創設されました。Oandaは、GoogleやFedEx、TESLAなど数々の世界的企業にサービスを提供しています。

Richad Olsen博士に率いられるLykkeは、バングラデシュ政府とのブロックチェーン技術を使った共同開発を行ったり、KPMGと戦略提携を組み税務申告サービスを提供するCrypto Taxとのパートナーシップを組むなど、世界中の優良企業と提携を行っています。

ブロックチェーンを含む飛躍的なテクノロジーの力を活用した財政の民主化、地域に依らない金融市場へ平等なアクセスの促進、市場の非効率性の排除といったミッションを掲げています。

Lykkeのウェブサイト:lykke.com

 

Quantaについて

Quantaは、ブロックチェーンベースのプロジェクトで、スマートコントラクトを活用し、完全に公平で透明性のある宝くじです。

2年間をかけ、世界初のブロックチェーン企業としてのギャンブルライセンスの取得と開発を進め、2018年2月7日に最初のプロダクトとなる「Quanta Lottery」をローンチしました。

数値アルゴリズム(乱数生成)の実装により、Quantaはギャンブルにおける不正行為および不正操作を最小限に抑えることができます。これにより、ゲームへの信頼を深め、より公正で公平な宝くじ環境を提供します。

Quantaのウェブサイト:quantaplc.im

 

【関連記事】