ICO

【Quanta(クオンタ)】公平で透明なブロックチェーンの宝くじ概要

どうも、クリプト占い師です。

宝くじ、当たったことありますか?

 

占いで金運の良し悪しを聞かれる事があります。

占いでは宝くじに当たるかどうかは金運とちょっと違います。

違いは趣旨がずれてしまうので、また紹介したいと思います。

 

Quanta(クオンタ)/QNTU概要と最新情報

Quanta(クオンタ)のQNTUがBit-Zに上場!ICO価格から約2倍に

 

さて、今回はイマ話題のQuanta(クオンタ)についてご紹介します。

 

Quanta(クオンタ)とは・・・

『経費が掛からない透明で公平な宝くじを行うためのプラットフォーム』です。

Quanta概要

通貨名/通貨単位 Quanta(クオンタ)/QNT・QNTU
プラットフォーム Ethereum(イーサリアム)
タイプ ERC20
公式サイト https://www.quantaplc.im/
GitHub https://github.com/quantaplc
公式テレグラム https://t.me/quantaofficial
お問合せ support@quantaplc.im

Quanta(クオンタ)とは、イーサリアムのネットワーク上で仮想通貨の宝くじを運営するプロジェクトです。

Quanta(クオンタ)の目的は、改ざんするのが困難とされるブロックチェーンと、自動で契約が行えるスマートコントラクト技術を活用し『人間が一切介入しない宝くじの運営』を実現するため開発されたプラットフォームです。

QNTUとは

Quanta(クオンタ)ユーティリティトークンです。

トークン保有者には特権が与えられるようです。

総供給: 120,000,000,000 QNTU

 

QNTUアドレス:0x4234f63b1d202f6c016ca3b6a0d41d7d85f17716

MWEやMETAMASKの「トークンの追加」で上記アドレスを入力する事で保有量が確認でき、送信も可能となります。

 

EtherScan上のQNTU:https://etherscan.io/token/0x4234f63b1d202f6c016ca3b6a0d41d7d85f17716

QNTUの送受信が上記URLで確認できます。

 

QNTUトークン保有割合

40.47%:Quanta members、 18%:Distributed to lottery ticket customers

15%:Quanta PLC (locked tokens)、 15%:Quanta PLC (unlocked tokens)*

9.53%:Early contributors、 2%:Airdrop at industry events

 

 

Quanta Wallet – 分散型ウォレット

Quanta Walletは、暗号化された暗号化されたウォレットで、ユーザーは安全に仮想通貨(現在はBitCoin、Ethereum、QNT、QNTUを送信、受信、保存できます。Quanta Walletは完全に無料でダウンロードして使用できます。

モバイル

デスクトップ

 

 

日本の宝くじとQuanta(クオンタ)比較

【還元率】宝くじ:Quanta(クオンタ)=46.8%:85%

日本の宝くじは約46.8%が当せん金として当せん者に支払われます。

1000円分を購入したら、468円が配当金、532円はその他の経費等に回ります。

宝くじ公式HPよりhttp://www.takarakuji-official.jp/about/proceeds/

 

当せん金以外に印刷経費や公共事業に支払われる金額が大きいですね。

 

比較して、Quanta(クオンタ)は当せん者に支払われる金額は85%になります。

人間が一切介入しないので人件費などの維持費が必要なく、還元に回せるということです。

 

宝くじをシミュレーションしてみよう年末ジャンボ (2015年)を想定

ちなみに上記サイトによると、宝くじの1等の7億円に当たる確率は0.000005%です。

 

日本人が一生のうちで交通事故に遭遇する確率は35%~50%とも言われるので、

宝くじが当たるか心配するより、車に当たらない様に気をつけましょう。

 

余計な経費をかけず、純粋に当たりやすい宝くじを買いたいのであれば、

Quanta(クオンタ)の方が当たりやすくてオススメと言えますね!

 

 

 

 

▼関連記事はこちら▼

Quanta(クオンタ)/QNTU概要と最新情報

Quanta(クオンタ)のQNTUがBit-Zに上場!ICO価格から約2倍に

Quanta(クオンタ)がLykke Exchangeに上場【日本人は取引不可能】

Quanta(クオンタ)上場先、Lykke(リッケ) Exchangeの登録方法4STEP

Quanta(QNTU)、スイス最大取引所「Lykke」への上場決定のお知らせ

【Q&A】Lykkeの正しい読み方はリッケ?ライカ?

 

 

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。