ICO

SECはICOを監視しクリプトアセットヘッジファンドを調査している

報道によると、米国証券取引委員会は連邦証券規制を破るICOについて、より広いクランプダウンの一環としてクリプトアセットのヘッジファンドの調査を始めた。

問題について詳しい3人を引き合いに出して、ブルームバーグはSECが多くのクリプトアセットヘッジファンドへビジネス運営について情報を求めたと報告している。

クリプトアセットに特化したヘッジファンドが220以上あり、187のファンドが2017年の初めに設立された。ほとんどの企業が1.5憶ドル以下で運用されているため、SECに登録する必要がなく、代わりに州単位で規制されている。

調査をよく知る筋によると、規制当局はファンドがICOトークンのステークスを含むクリプトアセット投資をどんな方法で評価し値付けをしているか、またその資産管理の方針を知りたいと考えている。

しかし、メディアはSECの施行部がファンドへ召喚状を発行したとレポートしており、規制当局がファンドは連邦証券規制に反すると考えていることを示している。

つまり、SECは明らかにヘッジファンドとICO運用の関係を見つけることに興味を持っている。またファンドマネージャーが個人的にファンドが所有するICOトークンへ投資したかどうかを秘密裏に知りたがっている。

SECのクリプトアセットヘッジファンドについての調査は、当局が強大になっているICO産業への手はずを整えていることを示している。SEC代表のJay Claytonは彼が監視しているICOの大半が未登録証券で構成されており、当局は何度も規制に従って産業に参入するよう警告を鳴らしてきたと繰り返し述べている。

今月上旬、SECがOverstockの子会社tZeroも含めて多くのICO運用会社やアドバイザーを召喚し、自発的にトークンセールに関する情報を渡すよう促したという。

先週SECは、SECへの登録がないセキュリティトークンを羅列して、連邦法を破っていると仮想通貨取引に警告した。そして発行元がSECにセキュリティトークンを登録をしなかったこと自体も違法であるとした。

(引用元)

https://www.ccn.com/sec-probes-cryptoasset-hedge-funds-regulators-ramp-ico-scrutiny/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓