ICO

ソーシャルメディアアプリSnapchatはICO関連の広告を完全に禁止する

メッセージアプリのSnapchatで有名なサンフランシスコベースのSnapは今週、ICO関連の広告を禁止した新たなソーシャルメディア企業の一つとなった。

ソーシャルメディアの大手が自身のプラットフォーム上でのICO関連の広告を禁止しようとしていることを認めたとして、この動きはまずCheddarによって月曜日に報告された。しかし他の仮想通貨関連の広告は引き続き許可するとのことだった。

決定がなされたのはGoogleやフェイスブックがプラットフォーム上で全ての仮想通貨関連の広告を禁止した直後だった。

2018年1月、フェイスブックは仮想通貨関連のほとんどの広告と宣伝目的の投稿を禁止した最初のソーシャルメディアプラットフォームとなった。これは2018年6月以降プラットフォーム上で仮想通貨関連企業やサービスの全ての広告を禁止する、同様の決定を下した検索エンジンの大手Googleに追随するものだった。Googleの決定は子会社で広告集約型プラットフォームのYoutubeの広告にも影響を与えるだろう。

(引用元)

https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/cryptocurrencynewssocial-media-app-snapchat-confirms-complete-ban-ico-related-ads/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓