ICO

「ソブリン」:マーシャル諸島政府仮想通貨トークンを発行

ある国で独自の仮想通貨を作成する予定を立てています。

マーシャル諸島共和国は、合法的入札者として米ドルを補完するためにソブリン(SOV)を発行する意向であるとしています。

 

太平洋諸島の議員(2011年の人口:53,158人)は、2月26日に「2018年ソブリン通貨法の宣言と発行」を可決しました。

 

「この行動の目的は、マーシャル諸島共和国の合法的入札者としてブロックチェーン技術に基づいたデジタル分散型通貨を宣言して発行することである」とソブリンの公式Telegramチャネルに掲載された法案に読むことができます。その法案は、通貨が国の財務省によって発行され、ICOを通じて導入されると述べています。

国の大統領Hilda C. HeineはFinance Magnatesに引用さえ次のように述べています:

これは私たちの国民の歴史的な瞬間であり、ついには米ドルと一緒に自国の通貨を発行して使用します。それは私たちの国家の自由を明らかにするもう一つのステップです。

イスラエルのスタートアップで、アプリを通じて国際送金を促進するNeemaは、”Yokwe”と呼ばれる公開プロトコルを使って新しい仮想通貨の基盤技術を開発する予定です。

イスラエルの技術ニュースサイトCTechの記事によると、このプロトコルは、口座を実際の政府確認の身元に結びつけることによって、顧客および金融犯罪の懸念を軽減するように設計されています。

「我々は皆、この最初に国が暗号化される日を夢見ていた。」とNeemaのCEOで創業者のBarak Ben-Ezerと、このプロジェクトに携わったRoye Rahavは、Telegramのチャンネルに投稿しました。

「いったん成功すれば、SOVは我々をより自由で解放的な世界に近づけるでしょう。通貨はピア・ツー・ピアで流れ、即座にかつ費用対効果が高く、裁定者はそれを任意に印刷することはできません」とBen-EzerとRahavは付け加えました。

政府は、米国賠償金支払いの終了に先立ち、ICOの収入を使用して財源を強化するとして、これは年間3000万ドルに相当し、1940年代と1950年代の核兵器実験場として米国がこの場所を使っていたことに対して島民に報酬を与えることを意味していると報じられました。

 

CTechによると、調達された資金の70%が、償還後の予算の差額を相殺するために使用され、気候変動やグリーンエネルギーに関連する持続可能なプロジェクトには10​​%が捧げられ、残りはマーシャル市民に配布されるとされています。

しかし、マーシャル諸島共和国は、それが他とは違うと主張しているが、基金を補充するために仮想通貨に回るのはこれが最初の国家ではありません。

ベネズエラ政府は、2月の早い段階で、議論の余地のあるペトロコインのプレセールを開始したが、これを、米国の議員は国際的制裁を回避するような動きであると述べています。

しかし、マーシャル諸島の記者会見では、共和国は「米国の緊密な同盟国」であり、ペトロの価格が石油に固定されているのに対して、通貨の価格は市場によって決定されるため、ソブリンはペトロと異なることを強調しました。

ロシアは「仮想通貨ルーブル」の概念を楽しんでいる一方、イランはまた、国家発行の仮想通貨の可能性を模索しています。

(引用元)

https://www.coindesk.com/meet-sovereign-marshall-islands-government-issue-crypto-token/

 

マーシャル諸島共和国(マーシャルしょとうきょうわこく)、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国ミニ国家の一つであり、「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする。ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。出展:Wikipedia

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓