ICO

SPINDLE(スピンドル)の発起人、行政処分で金商業登録取消しに

芸能界や経済界を始め、多岐に渡る活動で有名なミュージシャンのGACKT氏が参画、良くも悪くも話題となっているSPINDLE(スピンドル)。

 

このSPINDLEの発起人、宇田修一(うだしゅういち)氏が代表取締役として就任しているドラグーンキャピタル株式会社(東京都千代田区、法人番号2010001138381、資本金3000万円、常勤役職員5名、第二種金融商品取引業及び投資助言・代理業)が関東財務局から行政処分を受け、金商業者の登録取り消しとなった。

ドラグーンキャピタル株式会社に対する行政処分について

1.ドラグーンキャピタル株式会社(本店:東京都千代田区、法人番号2010001138381、第二種金融商品取引業及び投資助言・代理業)(以下「当社」という。)に対する検査の結果、以下の問題が認められたことから、証券取引等監視委員会より行政処分を求める勧告が行われた(平成28年5月31日付)。

中略

2.このため、本日、当社に対し、下記(1)については金融商品取引法第52条第1項の規定に基づき、下記(2)については同法第51条の規定に基づき、以下の行政処分を行った

(1) 登録取消し
 関東財務局長(金商)第1032号の登録を取り消す。 

(2) 業務改善命令

 1) 本件に関与した全ての適格機関投資家等特例業務届出者に対し、今回の行政処分に至った経緯及び事実関係を正確に説明し、誠実に対応すること。

 2) 上記適格機関投資家等特例業務届出者に対し、ファンドの出資者に、今回の行政処分の内容について説明を行うよう要請すること。

 3) 上記適格機関投資家等特例業務届出者及び出資者からの問い合わせに対し、適切に対応するなど、投資家保護のために万全の策を講じること。

 4) 上記の対応・実施状況について、完了までの間、書面により随時報告すること。

関東財務局HP:http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp032000337.html

金融商品取引法(昭和23年法律第25号)(抄)

(登録)

第二十九条金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行うことができない。https://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2016/2016/20160531-2.htm

 

シュタイン・パートナーズ合同会社に対する検査結果について

また、宇田氏の知人が顧問を務める、シュタイン・パートナーズ合同会社は、宇田氏のドラグーンキャピタル株式会社を通して、合法的に資金集めを行っているように見せていたが、関東財務局からは認められなかった。

無免許にて資金集めを行っていた上、集めた資金の一部を投資運用に回すのではなく、50%を顧問の海外口座に送金、自社や関連会社の経費として利用していた。

関東財務局HP:http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp004000080.htm

 

SPINDLE(スピンドル)運営会社のBlack Star

宇田修一氏は既にSPINDLE運営会社のBlack Starの代表からは退き、現在はチームの調整役となっているようです。退任の理由として、Mediumでは以下の様に語られている。

 

▼2018/6/8投稿の関連記事

【SPD】SPINDLE(スピンドル)の最新価格「ICOから100分の1に」

【速報】SPINDLE上場先『HitBTC』が日本人の取引禁止を決定

 

(免責事項)

※掲載している仮想通貨やICOについての肯定/否定は行いません。仮想通貨の取引は十分に理解した上でご自己の責任の上行ってください。

 

その他の記事はこちらから

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。