ICO

タイ王国、極度の仮想通貨規制を回避

タイの副首相は、仮想通貨とICOに関する法律を1ヶ月以内に確定するよう命じました。規制当局は、国の物議を醸す第44条の法律を発動する必要はなく、代わりに「特別法」を導入すると協議し合意しました。

仮想通貨のための特別法

タイの証券取引委員会(TSEC)事務局長であるRapee Sucharitakul(TSEC)は、土曜日、TSECを担当する関連委員会と協議し、仮想通貨のすべての分野を統治する「特別法」を制定することを決めたとThai Rathは報道しました。

この法律は、投資家、仲介者、発行者、トレーディングプラットフォームなどのトークン販売に関与する当事者に関する規則を提供することを含むICOを次のように規制します:

 

特別法は、市場操作、マネーロンダリング、脱税、マルチ商法スキームを回避するために、仮想通貨とICOの購入と販売を規制する。

タイの財務大臣、Aphisak Tantiworawongは、国の税務署が仮想通貨の課税方法を検討しており、法案起草を担当する4つの部門からの調査の結果を待っていると報道機関に語りました。

それらの部門にはTSEC、財務省、AML事務所、タイ銀行があります。彼らは最近、仮想通貨を定義し、規制することが必要であることに協議し合意しました。

副首相Somkid Jatusripitakは、仮想通貨とICOに関する法律を1ヶ月以内に確定するよう命じました。

極端な「第44条」は必要ない

タイの規制当局は、仮想通貨とICO市場の急速な成長を懸念していました。この業界を直ちに規制するには、「第44条」が必要かもしれないという提案がこれまでにあります。

2014年の暫定憲法第44条は、平和と秩序のための全国評議会(NCPO)にあらゆる分野の改革綱領を発する権限を与えます。そのNCPOとは、2014年以来タイを統治した政権です。
「法務担当副首相は、首相がすべての問題について最終的な決定を下す絶対的な権限を持つようにする第44条は、国が新しい憲法を使用するにもかかわらず、引き続き有効であると明らかにした」とThai PBSが報道しました。

しかしながら、Prayut Chan-o-cha首相下の副首相Wissanu Krea-ngamは、金曜日に記者団に対して、仮想通貨に関して第44条を使用する必要は現在ないとし、代わりに、彼は通常の規制手続きが使用されると述べました。

 

(引用元)

https://news.bitcoin.com/thailand-dodges-extreme-cryptocurrency-regulations/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓