ICO

英国の金融監督機関が仮想通貨デリバティブに関しての警告を発表

英国の金融監督機関は、仮想通貨デリバティブに関するサービスを提供している企業は、当局によって認可を受ける必要の可能性があると警告しています。

金曜日、金融行動監視機構(以下:FCA)のウェブサイトに掲載された声明では、仮想通貨を規制目的の通貨や商品とは考えていないが、仮想通貨デリバティブは現在の指令のもとでは金融商品である可能性があると述べています。

声明は次のように述べています:

仮想通貨デリバティブにおける規制された活動を行っている企業は、FCAのハンドブックのすべての適用規則および直接適用されるEU規制の関連規定を遵守しなければなりません。

FCAは、ICOを通じて発行された仮想通貨やトークンにリンクされたデリバティブを提供しようとする企業は当局の認可の取得が必要の可能性があると引き続き説明しています。その言及された製品には、仮想通貨先物取引、仮想通貨差金決済取引(CFD)、仮想通貨オプションが含まれます。

しかし、当局は、ICOは、発行されたトークンの性質によって、FCAの規制範囲内に入るかどうかは分からないと付け加えました。

FCAは次のような警告を出して終了しました。「あなたの会社がFCAの許可を得ておらず、認可を必要とする製品やサービスを提供している場合、それは犯罪です。適切な許可なしにこれらの製品を提供している企業は、執行措置を受ける可能性があります。」

FCAは一般的にブロックチェーン技術に積極的な一方で、2016年には、ブロックチェーン産業を規制する計画はないとしていたが。現在、ブロックチェーン産業の成長のために「空間」が必要だと考えているため、当局は仮想通貨とICOに関してより強硬な姿勢をとっています。

2017年12月、当局の責任者、Andrew Baileyは、ビットコイン投資家に「お金をすべて失う」用意をするように、そしてそのリスクはギャンブルに似ていると警告しました。

同月、FCAは証拠を収集し、ICOに関するより深い検討を行うと発表しました。声明では、規制当局は、ICO資金調達モデルに対する英国の法律の適用可能性に関する分析を実施し、「さらなる規制措置」が必要かどうかを評価すると述べました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/uk-watchdog-warns-over-unauthorized-crypto-derivatives-icos/