ICO

ベネズエラの「ペトロ」、ICOで7億3500万ドルを調達

ベネズエラのNicolas Maduro大統領は、論争を巻き起こしている「ペトロ」仮想通貨のためのセールが初日に7億3500万ドルを調達したと主張しています。

火曜日の夜遅くに、Maduroがこのメッセージを裏付ける証拠は提示しなかったが、メッセージは彼の公式のTwitterアカウントから直接得られたものであると発表されました。

大きな問題に、素晴らしいソリューション!最初の1分からゲームは順調にスタートし、ペトロの最初のICOの結果は47億77000万元または7億3500万ドルとなりました。

ロイター通信とAP通信は、火曜日に国営放送中に結果を発表したMaduroが、プレセールに出資した人物に関する情報は提供していないと述べました。

それは、Maduroが12月に米国政府の制裁を回避する目的で発表したイニシアチブについての強気な意見を打ち明けたということです。

Maduroはロイター通信に対し、「今日、スーパーマンになる可能性のある仮想通貨が生まれている」と述べました。そしてAP通信によると、「私たちは21世紀への巨大な一歩を踏み出しました。」と述べたとしています。

プレセールは火曜日に開始され、来月に続く予定です。

CoinDeskがこれまでに報告したように、ベネズエラ政府は、ペトロトークンが1バレルの石油で裏付けされ、前日から市場価格に結びついていると主張しています。

しかし、今日リリースされた1つの文書がethereumネットワークをハイライトし、もう1つがバイヤーのガイドを構成する、NEMと呼ばれるアルトコインブロックチェーンシステムを挙げると、トークンがどのネットワーク内で動作するかについての質問が残ります。

矛盾する詳細は別として、ベネズエラの計画は、国が独自の仮想通貨を出すようになった最初の例であることを表しています。この話は、世界的な見出しを集め、南米諸国の内外の政治家からの拒絶反応を引き起こしました。

ベネズエラの反対派野党議会の議員を含む批評家は、違法行為と腐敗の手段として計画を批判しました。米国の上院議員たちも、実際にどのように行動するかはまだ分かりませんが、仮想通貨の使用による制裁を避けるための計画の策定に対する懸念を表明しています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/venezuela-claims-735-million-raised-first-cryptocurrency-sale/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。