マイニング

英国IT装置メーカーは英国最大のビットコインマイニングファームを計画

英国のハイパワーIT設備供給会社Bladetecがイングランドの3か所に渡り、1,390万ドルのビットコインマイニングファームの構築を計画しているとレポートされた。

英国のデイリー・テレグラフによると、Bladetecは”The Third Bladetec Bitcoin Mining Company Ltd(TBBMC)”として、投資家達から3~500平方フィートのビットコインファーム施設を構築し運用するために1,000万ユーロの調達を目指している。施設はロンドン、サフォーク、サリーの3か所で構築されており、Bladetecは、資金調達パートナーのEnvestryを通して、Financial Conduct Authority (FCA)に規制された投資によって資金が集められた欧州で最初のビットコイン鉱山であると宣言している。


ウェブサイトで明かされている詳細によると、Bladetecは最低投資額として投資家一人につき5,000ユーロ求めており、株式1.00/株額で売却された株式は、マイニングハードウェアの購入、電気代の支払い、サイトや事務コストに使われる。企業は100%株主のものだとBladetecは言う。


企業はコストの大部分を占める電気代をより安価にするため、集合型風力発電所で安全な取引を主張している。Envestryによると、電気は、TBBMCによって購入される約1000のASICマイニングリグに電力を供給し、毎秒43テラハッシュで稼働します。


「この鉱山の複合処理能はペタハッシュスケールであり、鉱山を重大なグローバル鉱山にする」と投資家のピッチのサマリーで述べられている。「鉱山からの収入は安全にオフラインウォレットとセーフティボックスに安全に保管される。」

「株主へのリターンを最大化することに完全に集中しているので、比較的不安定なビットコインの性質を理解しており、年間45%資本増強する4つの異なる成長シナリオを考えている」とCFO兼TBBMCを管理する事務の内の一人であるDeclan Kennedyは説明する。

企業は採掘したビットコインの販売とマイニング装置によりポンドで株主のリターンが稼げる2,3年以内にビットコインマイニングから手を引く予定だ。これはビットコインの価値が予想以上に増加しないか、ビットコインの価格が増加しても、企業が投資家からマイニング継続の許可を得ない場合のシナリオとして強制される”実績のある出口戦略”とうたわれている。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/uk-it-equipment-maker-plans-britains-biggest-bitcoin-mining-farm/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓