マイニング

英国政府のウェブサイトが仮想通貨マイニングマルウェアによって煽りを食らう

英国政府のウェブサイトと4,000人以上の世界中の人々が、コンピュータを利用して仮想通貨マイニングマルウェアによって悪用されたと報じれています。

BBCによると、この事件が最初に明らかになったのは、英国情報調査委員会(ICO)のウェブサイトを閲覧しているユーザーがマルウェアの影響を受けているという警告を発した英国のセキュリティ研究者のScott Helmeが匿名性仮想通貨Moneroを不正にマイニングするものをCoinhiveとあだ名した後でした。

この問題が明らかになった後、ICOはウェブサイトを閉鎖した、と同報告書は指摘しています。プレス時には、サイトはまだ「メンテナンス中」を掲げてダウンしていました。

BBCは、マルウェアは、盲目的または部分的に見ることができるユーザーがウェブサイトのコンテンツにアクセスするのを助けるために使用されていたBrowsealoudという名前のウェブサイトプラグインサービスが侵害された後に広がっていると述べています。

この報告書によると、プラグインのメーカー、Texthelpは、マイニングマルウェアによって4時間にわたってその製品が侵害されていたことを確認しました。 そしてHelmeはマルウェアが現在無効になっていると述べました。

 

同報告によると、ICOのウェブサイトに加えて、学生ローン会社やバーンズリー病院などの他の英国のサイトや世界中の何千もの他のサイトも影響を受けているといいます。

オーストラリアのABC.netの報道によると、クイーンズランド州のいくつかの政府サイトとビクトリア州議会が影響を受けているようです。

2017年の11月の報告によると、Coinhiveは一般的な形式のマルウェアで第6位になっています。以前は、Google広告、UFCのウェブサイト、TVネットワークShowtimeなど、他にも多数のもので発見されています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/uk-government-websites-hit-by-cryptocurrency-mining-malware/

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。