NEWS

「LINE」が独自の仮想通貨を検討

Chat app Line is reportedly considering its own cryptocurrency

 

チケットをお願いします、次の暗号列車が出発しようとしています。

Bloombergによると、日本のメッセージングアプリのLineは、ブロックチェーンと仮想通貨への移行を検討すると言われています。

 

中国の忘れられたソーシャルネットワークやアイスティーの会社などの曖昧で困惑している動きとは異なり、Lineにはトークンを採用するメリットがあります。

 

同社はすでにモバイルペイメントサービス「Line Pay」を提供しており、その主な機能の1つはソーシャルゲームで使用され、膨大な数の(非常にコミュニケーショナルな)ステッカーを含むプラットフォーム上のコンテンツを購入する仮想通貨です。

 

Bloombergによると、Lineは、Line Payや他の製品との結びつきの可能性を考慮して、Bitkin Exchange Upbitを含む多数の潜在的なパートナーと協議中だといいます。
このレポートの主な目標は、製品をユーザーにとってより身近なものにさせることです。

 

Lineは正式な回答はせず

 

2016年に11億ドルの資金を調達した日米の上場企業を通じて公開されて以来、Lineのエンゲージメントの欠如は確かに問題となっています。

 

Lineは2016年7月には上場直前に2億1800万を請求しましたが、それは2017年10月までに2億3000万で減少しました。また、昨年、初めての4つの中核市場(日本、タイ、台湾、インドネシア)からユーザを失いました。これらの国々はユーザーの3分の2を占めており、非常に大きな問題となっています。

 

Lineの株価は昨日日本で10%上昇しましたが、最終的にはブロックチェーンを利用するかどうか、そして実際にどのようにそれが利用するのかはまだ分かっていません。

 

すでにいくつかの例があります。毎月1,500万人の利用者を抱えるカナダのメッセンジャーであるKinは、昨年9月に1億ドルのICOを開催し、ユーザー、コンテンツメーカー、広告主に「アテンション」を払って報酬を与えるエコシステムの開発を目指しました。暗号化業界の重要なプラットフォームとして浮上してきたTelegramも、TechCrunchが10億ドルを超える可能性のあるICOを計画しています。

 

Lineは必ずしもICOを行う必要はありません – 公的機関の規制は依然として曖昧ですが、メッセンジャーの使用、Line Payによる支払い、またはゲームのプレイに報酬を与えるsテンションベースのトークンまたはブロックチェーンを実装することができます。

 

(引用元)

 

https://www.yahoo.com/news/chat-app-line-reportedly-considering-053246889.html