NEWS

赤潮:2桁の損失が暗号資産市場を襲う(2018.2.2)

仮想通貨市場は今日赤字となっており、時価総額上位10の仮想通貨は過去24時間(プレス時)で2桁の損失率を報告しています。

Bitcoin(BTC)は、同じ期間に16%減の10週間で8,000ドルを下回り、2013年4月以来の最悪の週間損失(25%以上)に向かっています。

仮想通貨は1月に30%減少し、年初来のベースでは45%減少しました。

Cardano (ADA)はトップ10の中で最大の敗者であり、37%減となっています。

 

EthereumのEther(ETH)トークンは28%減少しています。伝えられるところによると、仮想通貨は、機関投資家の資本の流れと、ベネズエラのEthereumプラットフォームでの仮想通貨ペトロを前提とした決定のため、今週初めは比較的弾力的でした。しかし、ブル投資家の握りが弱くなっているように見え、ETHは最後に785ドルで取引され、2018年にはこれまでのところ最も低くなっています。

一方、RippleのXRPトークンは、敗者のリストで3位、35%低下しました。 仮想通貨は今や0.635ドルに落ちています。これは12月15日以来の最低水準となります。これはXRPが今年の悪いスタートを迎えたことを受け、1月中に49%の落ち込みを見せました。

そのほかにも、IOTA、NEO、EOS、litecoinもすべて20%以上の損失を計上しています。

全体として、一緒に奪取されたすべての仮想通貨の時価総額は1,000億ドル以上を落ち込み、2018年に初めて4000億ドルを下回りました。

このチャートをさらに下回り、悲観的な見通しの中で、まれなポジティブな注目を集めたのが、DigixDAO(DGD)と呼ばれる金で担保されたトークンで、30%の利益を上げた後、際立っています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/red-tide-double-digit-losses-sweep-crypto-asset-market/

 

~最近の記事~

ICO実施中:BANKERA~ブロックチェーン時代のための銀行~(2018.2.3)

BeeトークンICO、100万ドルのフィッシング詐欺に騙される(2018.2.1)

Playcoin~ゲーム市場の革新的仮想通貨~(2018.1.30)

コインチェック:日本円出金の再開の見通しについて(2018.2.3)

【確定申告情報】マネーフォワードが仮想通貨の確定申告支援サービスをAerial Partnersと連携

サムスンが仮想通貨マイニングチップを製造中(2018.2.2)

NEMのウォレットをつくろう(windows版)~コインチェック騒動から学ぶ~(2018.1.30)

コインチェック:金融庁の業務改善命令について(2018.1.29)

流出被害、金融庁が「コインチェック」処分へ(2018.1.28)

仮想通貨少女:給与に支障。流出問題を受け会見「早く復旧してほしい」(2018.1.27)

コインチェック:不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について(2018.1.28)

ホットウォレットとコールドウォレット~コインチェックの不正アクセスから学ぶ~

Coincheckは新たなMt. Goxではない(2018.1.26)

コインチェック会見(2018/1/26)全文公開

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

~仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています~

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。