NEWS

音楽が仮想通貨と出会う:日本の最新のJ-Popセンセーション、仮想通貨少女を紹介(2018.2.4)

新しい音楽グループが日本のポップシーンを魅了し、彼女らは注目を集めるために日本での仮想通貨の人気上昇を利用しています。

仮想通貨少女を宜しくお願いします。この8人の女性ポップ・グループは、星座百景アンダーグラウンド音楽グループから派生したものです。メイドのユニフォームとルチャ・リブレのマスクのいいとこ取りをしたスポーティーな服装で、彼女らはビットコインと友人についての詩を舞台にしてステージの周りを魅了し、仮想通貨意識を高めています。

各女の子は異なる仮想通貨を表し、それぞれのコインのロゴが女の子のマスクに目立つように表示されています。これらのコインには、Ethereum、Bitcoin、Cardano、Ripple、NEM、NEO、Bitcoin Cashなどの人気のあるコインと、あまり知られていない日本のLitecoinフォークであるMonaCoinがあります。

彼女らの最初の曲「月と仮想通貨と私」は、1月7日に「星座百景」のYoutubeチャンネルでリリースされました。その女の子たちは1月12日にコンサートデビューを果たし、不正なICOの危険性、アカウントのセキュリティの重要性、および仮想通貨分野に関するその他の有益な情報をライブで視聴者に披露しました。

同グループのウェブサイトによると、彼女らは仮想通貨投資を奨励するのではなく、むしろ、世に出始めた技術革命であると信じていることを公にしています:

「欲心は技術と潜在的な仮想通貨の可能性を無視しているようだ」と同ウェブサイトは述べています。「これは、仮想通貨が投機の道具ではなく、すばらしい未来を創造する技術であるというのがエンターテインメントで促進しようとする理由です。」

この点をさらに強調すると、彼女らは「投機や投資を促さない」と主張しています。代わりに、彼女らは「いくつかの仮想通貨から将来の通貨を慎重に選択し、エンターテイメントにおける正しい知識を広げる手段である」としています。

「私たちはまだ未熟ですが、毎日勉強して全力で取り組んでいきます。ありがとう!」と結論づけています。

そして彼女らは確かに若い子の集まりです。彼らのウェブサイトで詳述されているように、仮想通貨ガールズの最年長のメンバーはわずか22才で、最年少はわずか15才です。

うまくいけば、このポップ集団はBitcoinとEthereumのためだけにチケットと商品を販売し、メンバーの給料もこれらの仮想通貨で支払われることになります。

仮想通貨ガールの1月12日のデビューは、国内外のメディアの注目を集めました。そしてこのイベントでは、「WEBメディア、TBS、テレビ朝日を含む多くの国内メディア」から、「同様に、ロイター通信、フィナンシャル・タイムズ、AFP通信などの海外の大手メディアまで」報道を招いたと彼女らグループは自分のウェブサイトに投稿しました。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/music-meets-crytpo-introducing-virtual-currency-girls-japans-latest-j-pop-sensation/

 

 

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。