NEWS

ACD、海外向け商品事前登録型受発注システム「EKKYO.NET」の特許を台湾で取得

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役:園田康博)は、すでに日本で特許を取得している【EKKYO.NET (越境EC等で販売される商品を事前に登録しスムーズな通関を補完するASPサービス)】の国際特許出願を進めている。

今回日本に次いで、中華民国(台湾)においても、ACDによる特許権取得が公式に認められたことを発表しました。

「EKKYO.NET」は、特許取得対象国のメーカー及びサプライヤーが海外向け越境ECを行う際、自国から海外の税関・検疫局への登録が可能となり、越境EC商流の全てが自国で完結することを可能にします。

現在、ACDは中国をはじめ香港、インドネシア、シンガポール、タイなど14か国へ国際特許出願が完了しており、各国において特許査定審査中となっている。

また、その他の国々への出願も準備しており、順次、出願を行っていく予定です。