NEWS

米連邦捜査局、ビットコインでお3000万ドルのオークションを成功(2018.2.8)

米国連邦捜査局(Marshals Service)は、1月のオークションで販売された3,600以上のビットコインが、5人の入札者に正常に移されたことを木曜日に確認しました。

名前が明かされていないオークションでの勝者は1,600ビットコイン(プレス時に約1340万ドル相当)を受け取りました。代理店は今日、メールで残りのバイヤーが、500、500、200、813のビットコイン(400万ドル、400万ドル、160万ドルと670万ドル相当)をそれぞれ受け取ったことを確認しました。

2つの500ビットコインロットのうちの1つを主張するRiot Blockchainを除いて、勝者の名前は明らかにされませんでした。 Riotは自発的に販売終了直後500ビットコインを受け取ったと自発的に発表しました。

注目すべきことに、予期せぬ技術的問題が原因となった開発により代理店は100ビットコインを予想より少なく販売してしまいました。現在、これらの資産の保管を維持しています。

さらに、2016年以来初めて、代理店がビットコインを競売にかけました。当時、代理店は2,700ビットコインを200万ドル以下の利益で売却しました。

代理店は、1月11日に最も最近の売り上げを発表し、当時、3,800を超えるビットコインを競売していて、それは約5400万ドルの価値があったということを明らかにしました。

売却翌日、当局は62人の登録済み入札者から111件の入札を受けたことを確認しました。登録するには、各入札者は200,000ドルを入金し、登録手続きを完了しなければなりませんでした。

ビットコインが1月22日に売却されたとき、それらはおよそ4200万ドルの価値があったことでしょう。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/us-marshals-successfully-auction-off-30-million-bitcoin/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。