NEWS

AppBankがSPINDLE(スピンドル)取扱い一時停止。1000万円相当の賞品変更。

SPINDLE(スピンドル)を賞金としたイベントを企画していたAppBank株式会社が7月25日にSPINDLE(スピンドル)の取り扱いの一時停止と関連イベントの停止について発表を行いました。

取扱いを一時停止とした理由は『仮想通貨SPINDLEに関して「金融庁が仮想通貨交換業を無登録で行う資金決済法違反の疑いがあると通告した」とする報道から関係者に不安や心配をかけてしまう状況が生じているから』との事。

同社では7月28日(土)、29日(日)に賞品総額1,000万円相当(仮想通貨SPINDLE)のイベントが予定されていたが、入賞賞品をSPINDLEからゲーム内チップへと変更する事を7月26日に発表しました

仮想通貨SPINDLEの取り扱いの一時停止について

先般、当社の@BLAST事業のアライアンス仮想通貨の一つである、 株式会社BLACKSTAR&CO(東京都千代田区、代表取締役社長CEO:平井政光)が取り扱う仮想通貨SPINDLEに関して、「金融庁が仮想通貨交換業を無登録で行う資金決済法違反の疑いがあると同社に通告した」などとする新聞報道が平成30年7月19日付でなされ、現在これに付随して関係者の皆様に、広く@BLAST事業全体についてご不安やご心配をおかけしてしまう状況が生じております。

当社としましては現在、各種報道に関して事実関係を確認中ですが、他社に起因する事態であるとはいえ、上記の事態を厳粛に受け止めるべきものと判断し、重ねて慎重な調査検討と今後の@BLAST事業に係る適時適切な方針策定のため、当面、仮想通貨SPINDLEをアライアンス対象とする取り扱いを、一時停止することを決定いたしました。
既報のSPINDLE関連の各イベント等の中止等につきましては、本日以降速やかに進めてまいります。

尚、本日時点ですでに@BLASTサービス内においてSPINDLE保有の権利を有するに至っておられる利用者の方々につきましては、追って担当部署より個別にご連絡をさせていただく予定です。

本件が当社連結業績へ与える影響は軽微であると考えておりますが、今後、事実関係を踏まえ、公表すべき事項が生じた場合には、速やかにお知らせいたします。
今回は、@BLASTをご利用の皆様をはじめ関係者の皆様に大変なご心配をおかけいたしましたこと、あらためて深くお詫び申し上げます。

AppBank株式会社

 


▼SPINDLE(スピンドル)が気になる方はこちらの記事も読んでみましょう▼

【SPD】SPINDLE(スピンドル)の最新価格「ICOから100分の1に」

SPINDLE(スピンドル)の発起人、行政処分で金商業登録取消しに