NEWS

仮想通貨ノードはアリゾナ州の法的保護に一歩近づいている

仮想通貨ノード運営者のための提案された保護はアリゾナの議会で前進している、と公文書が示しています。

Jeff Weninger(R.-17)議員が2月6日に提出したHouse Bill2602は、2月20日にアリゾナ衆議院を通過し、60議席中55議席を得ました。この措置は、今後さらに検討するために州議会に送付される予定です。

この法案は、州の町や郡政府が住宅でそのようなノードを運営する人々に制限を課すことを防ぐために行われており、地方の管轄区域では「州全体の関心事であり、さらなる規制の対象ではない」と述べています。

Weningerの方針では、仮想通貨マイナーに限定されているかどうかは特定されていませんが、コンピューティングパワーを使用してブロックチェーン上のトランザクションを検証または暗号化する個人は保護されています。

この法案は、アリゾナ州議会を通って進んでいくうちの1つにすぎません。Weningerが後援した別の法案は、州の法的枠組みの中で、「バーチャルコイン」、「ブロックチェーン」、「バーチャルコインオファリング」という用語を正式に定義することになりそうです。

もし通れば、今月初めに提出されたその特定の法案は、ICOが現行の法律のもとで証券として提供される資格を定めます。

しかし、さらに重要なのは、アリゾナ州上院が最近通過した別の法案で、州政府がビットコインや他の仮想通貨で税金を受け入れる権限を与えることになるということです。

この法案は、承認されれば、アリゾナの税務署に支払いとしてそれらを受け取る日のうちに仮想通貨を米ドルに変換することを要求することになりそうです。

この法案は、上院議員のWarren Petersen上院議員(R.-12)によって導入され、
Weningerはその議院に相当するものを後援しています。公的記録によれば、この措置は2月20日に2度目の読会を与えられました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/arizona-lawmakers-advance-bill-protect-crypto-node-operators/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。