Binance(バイナンス)

仮想通貨取引所の大手Binance(バイナンス)が西日本豪雨被害者へ義援金1.5億円

仮想通貨取引所の大手Binance(バイナンス)が西日本豪雨被害者へ義援金を送金する事を7/18(水)に正式に発表しました。バイナンスのCEOジャオ・チャンポン(趙長鵬、Changpeng Zhao/CZ)氏は7/8に100万USドル(約1.1億円)の寄付を行う事をTwitterにて発言していました。

バイナンスの発表では141万USドル(約1.5億円)を複数回に分けて送金する。1回目は広島県と岡山県のNPOに対して2,500万円ずつ計5,000万円分の送金を行うとの事。

ジャオ・チャンポン氏のツイッター(7/8)

西日本の犠牲者に同情申し上げます。 binanceは、BNB、BTC、またはJPYのいずれかで1,000,000米ドル相当の寄付で始まります。 私たちはまた、私たちのクリプトパートナーに私たちと一緒に参加して、必要としている友人たちを助けるように頼みます。

 

バイナンスからの発表(7/18)

バイナンス – 西日本義援金

(2018/07/18)

寄付概要

あなたの寛大なご支援のもと、私たちは過去7日間に約41万ドルの寄付を行い、現在合計1,410,000米ドルの寄付を行い、イーサリアムと30種類のERC20トークンで構成されています。私たちはこの募金を複数回にわたって災害地域に提供します。最初の寄付のために、50,000,000円分の暗号をBitcoinに変換し、その後日本円に変換します。バイナンスは日本には存在しないため、日本のパートナーを通じて実施されます。資金の安全な移転を確保するため、残額を送信する前に現地のパートナーの住所を0.1BTCテストで確認します。日本円に換算した後、この配分は2分割され、広島と岡山県に積極的に援助を提供している正式に登録されたNPOにそれぞれ25,000,000円を送金します。 両NPOのリーダーシップとの最初の話し合いを通して、この第1回寄付は、西日本洪水が最も厳しい2つの分野での復興努力を促進すると確信しています。

我々は今後数時間以内に転送を行います。取引の詳細はすぐ後に掲載されます。

寄付用アドレス:0xA73d9021f67931563fDfe3E8f66261086319a1FC

Mediumより

バイナンス以外でも、仮想通貨少女が仮想通貨で被災地支援の募金活動を行う等、仮想通貨を活用した支援活動が行われている。