NEWS

BitFury、ビットコイン犯罪と戦うブロックチェーン捜査ツールを発表(2018.2.4)

Bitfuryは、ビットコインマイニング企業として2011年に始まり、その後多国籍ブロックチェーン研究グループに成長した有名な業界団体であり、そして新しいツールCrystalをリリースして、法執行分野に移行しました。

Crystalツールは、2つの主な使用例を念頭に置いて設計されています。その1つは、法執行機関が犯罪行為に関連するビットコイン取引を追跡することです。ビットコインは、ユーザーのデータを暗号化し、ユーザーにそれを解読するために一定の金額を支払わせるようにするランサムウェア攻撃でよく使用されます。そのような攻撃の1つで、悪名高いWannaCryは2年間におよそ2,500万ドルのビットコインを作りました。

WannaCryの作成者たちは、その広大(約40億ドルの損害賠)な、間違い(ランサムウェアがサンドボックス化されているかどうかをテストするためのものである悪名高いkillswitchのように、)で、そして純粋にお金が失われたにも関わらず、逮捕されていません。
Crystalチームは、この攻撃が3時間で追跡できた可能性があり、当局が取引所に疑わしいウォレットのアドレスからリアルタイムでの引き出しを停止するように指示することを容易にする可能性があったと主張しています。

このツールの2つ目の使用例は、金融機関向けのコンプライアンス対策とリスク管理ツールです。ケーススタディとして、Crystalはビットコインベースのベンチャーキャピタル企業を医療セクター向けに使用しています。この場合、ツールの目的は、テロ資金供与、マネー・ロンダリングなどの国家制裁に違反するルールを遵守していることを証明しています。資金の源泉や機関へのアクセスを明確にすることで、国内法を遵守することができます。これにより、ベンチャーキャピタルファンドとその社長たちに対する訴訟が防止されます。Crystalはまた、Ponziスキームではなく、選出された役人の腐敗に対処するために、マイニング作業を監査する能力を広告しています(もちろん、ビットコインで買収した場合)。

新しい開発ではない

Crystalツールは、ブロックチェーンの非匿名化のためのBitFury Groupの継続的な取り組みの一環です。今年の早い段階で、グループは、関連するウォレットを「クラスタリング」する新しい方法について進歩していると発表しました。彼らは、調査結果を説明する詳細なホワイトペーパーを発行し、取引の関連性を判断し、ギャンブル、マイニングプール、薬物取引に関連するアドレスを特定するオフチェーンデータでテストする確率モデルを明らかにしました。ほぼ1ヶ月前のこの最初の論文では、ブロックチェーンの約15%の非匿名化に成功しました。

この新しいツールのマーケティング資料によると、Crystalはしばらくの間実世界で使用されており、すでにいくつかの高プロファイル調査に影響を与えている可能性があるとしています。最も重要な発展はCrystalのリスクスコアリングであり、自動化された形で使用されることを意図しており、近い将来に主要な取引所によって実装される可能性があります。

匿名性に向けて?

Bitfuryのブロックチェーンの非匿名化に対する開発は、セキュリティに重点を置いた仮想通貨の魅力を高める可能性を秘めています。マルウェアの開発者は、彼らのビットコインからの通貨を、資金を取引所に移す際に、追跡可能でない通貨に変換していることがすでに分かりました(例えば、Wannacryの加害者は、Moneroに資金を移しました)。

リアルタイム取引所レベルロックを防止するために、私たちは、より多くのランサムウェア開発者が他の形式の仮想通貨を要求し、潜在的にドルに戻ってくるのを見ることになる可能性があるでしょう。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/bitfury-group-launches-blockchain-investigation-tool/

 

 

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。