NEWS

中国の国営メディアは仮想通貨取引、ICOを狙う

中国の国営通信社は、ブロックチェーンユースケースを呼び出し、国内規制を迂回しようとする、店頭(OTC)の仮想通貨取引や海外のICOに対するレトリックを強化しているようです。

新華社通信は、2月12日に発行されたニュース報道で、Huobi Proなどの取引所に登録し、AliPayのようなアクセス可能な支払いツールを使ってビットコインを購入することで、OTCチャネルを通じて仮想通貨資産を簡単に購入できることを説明しました。

前述のように、ICOの禁止と昨年のオーダーブック取引プラットフォームの閉鎖に伴い、国内の取引プラットフォームはOTC取引に移行し、海外への事業展開が大きく進んでいます。

さらに、中国中央政府の省レベルの機関である新華社によるこの新しい報告は、中国当局が既存の取引活動を抑制するための規則を強化したいという願望を引き続き示している時期に注目しています。

中国インターネット金融セキュリティ委員会が発表した報告を引用すると、通信社は、昨年11月現在、香港、日本、米国などの海外ドメインを通じて20以上のOTC取引が活発であると強調しました。

 

さらに、この報告は、中国本土以外の地域に拠点を置いている、中国の投資家が利用可能な仮想通貨と仮想通貨の取引プラットフォームを指摘し、これらの措置はすべて既存の規制を迂回しようとしていると考えられるべきだと主張しています。

さらに、いくつかのICOがどのように海外に登録をシフトしたかを強調しました。

「現在、一部のICOプロジェクトは海外に進出しており、正式に設立され、海外にトークンを発行しているが、プロジェクトの開発、主要人員および投資家はすべて中国本土に拠点を置いている。」と報道で述べています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/chinas-state-media-takes-aim-crypto-trading-icos/

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。