NEWS

フランスの規制当局、オンラインの仮想通貨デリバティブ広告にNOと言う

フランスの株式市場監督当局は木曜日に、そのような製品の宣伝広告を抑制することを含む、仮想通貨に関連したデリバティブに関する声明を発表しました。

その声明において、L’Autorite Des Marches Financiers(AMF)は、デリバティブをより広範にカバーする規制ごとに取引プラットフォームは仮想通貨デリバティブ商品の電子的な販売を許可するべきではないと述べました。その発表は、AMFによると、1ヵ月間のレビュープロセスに従いました。

当局者次のように述べました:

AMFは、現金決済された仮想通貨は、仮想通貨の法的資格にかかわらず、デリバティブとして適格である可能性があると結論付けています。結果として、仮想通貨プラットフォームのデリバティブを提供するオンラインプラットフォームは、MiFID 2の範囲内にあり、したがって、許可に従わなければならず、取引ルールの遵守、および取引リポジトリへのEMIR取引報告義務が含まれます。とりわけ、これらの製品は、Sapin 2法の規定の従って、特に特定の金融契約の広告の禁止の対象となっています。

EUの金融商品指向の市場(MiFID II)は、以前の法律の改定版であり、投資家保護の名目で資産クラス間でより透明性を提供するという目標を掲げています。このイニシアチブは1月3日に発効されました。

AMFのミッションは、ICOを最初に介入してから数ヶ月後に、仮想通貨の話題に関する当局からの最新のものです。10月に、当局はICOに焦点を当てた、ユニバーサルノードをICOリサーチネットワーク(UNICORN)と称したイニシアチブを開始しました。

当時の声明によれば、この取り組みは、「事業の発展を可能にし、参加したい人たちと投資家の保護を確実にする枠組みをこれらの事業者に提供する」ことを目的としていました。

EU内の他の規制機関も仮想通貨デリバティブの問題を検討しています。

欧州証券市場局(ESMA)は、そのような契約がMiFID規則に準拠しているかどうかを調査しており、1月に潜在的なルールの変更について市民参加を求めていると発表しました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/french-regulator-says-no-online-crypto-derivatives-ads/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓