NEWS

香港は、有価証券とみなされる上場停止トークンを仮想通貨取引所に注文(2018.2.9)

香港の証券監督当局は、ICOに伴う仮想通貨取引所を規制しようとしているようです。

香港の証券先物取引委員会(SFC)は、金曜日に発表された声明で、プラットフォーム上で取引されている特定のトークンが有価証券として定義されるかもしれないと警告し、7つの仮想通貨取引所に警告書を送付したことを明らかにしました。取引所の名前は明らかにされていませんが、SFCは、香港に拠点を置くか、繋がりがあり、世界でトップ20に入っていることを示しました。

この声明によると、この動きは、SFCが仮想通貨を取引するリスクについて投資家に注意を促すための広範な努力の一部であり、昨年9月5日のICO資金調達モデルの可能性のあるリスクに関する警告を受け、より軽く始まったものであるとしています。

注目すべきことに、SFCによると、この調査はさらなる行動につながる可能性があると述べたが、これまでのところ、取引所はすべての質問に対して回答したことを通知しました。

「これらの仮想通貨取引所の大部分は、そのような仮想通貨の取引サービスを提供しなかったか、または直ちにそれらのプラットフォームから関連する仮想通貨を取り除くことを含める是正措置をとったことを確認した。」と公開されたものに書いてあります。

SFCはまた、香港からの投資家を勧誘しており、その代理人によってトークンが有価証券とみなす無名のICO主催者7人に書面を送っています。

この動きは香港政府とのSFCのパートナーシップに続くものであり、最近、2つの機関が市民に仮想通貨に関する詐欺やハッキングの問題という潜在的なリスクを教えるための公的キャンペーンを開始したことが判明しました。

今後は、香港証券取引法への違反や繰り返しの違法行為を免れないとしています。

SFCの最高経営責任者(CEO)であるAshley Alderは、「我々は市場を警戒し、必要に応じて執行を継続する」と述べました。そして「しかし、詐欺や疑惑のある資金調達を防止し、法律の遵守を支援するために、市場の専門家に適切な門番を促している」と語りました。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/hong-kong-orders-crypto-exchanges-delist-tokens-deemed-securities/

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。