NEWS

インドの銀行は仮想通貨の規制を厳しくし、取引におけるクレジットカードの使用を禁止する

ウェスタン銀行が仮想通貨投資でのクレジットカードの使用を禁止して数週間後、インドの銀行は暗号の購入でデビットカードとクレジットカードの使用を禁止しました。

Quartzが入手した顧客に送付された声明で、Citibankは次のように書いています:

インド準備銀行(Reserve Bank of India)からのも含めるビットコイン、仮想通貨、バーチャル通貨を扱う際の経済、財務、運営、法律、顧客保護、セキュリティ関連の潜在的なリスクについて一般市民への警告が、世界的にも局所的にも懸念されています。

続く地方銀行

インドの地方銀行は、中央銀行であるインド準備銀行が仮想通貨投資に関するデビットカードとクレジットカードの使用を禁止することに賛同する見込みです。現地の仮想通貨取引所では、投資家は依然として銀行振込や電報などの従来の決済手段を使用して仮想通貨市場に投資することができます。

今月初めに、仮想通貨取引の禁止の可能性をめぐる未確認の噂やFUDがインド市場に流入しました。多くの報道機関は、インドの仮想通貨市場の状態を誤って報告し、仮想通貨取引が禁止されることを無責任に主張しています。

噂が流行し、メディアが偽の仮想通貨取引の禁止について報じ始めた直後、インドのArun Jaitley財務相は、政府が仮想通貨取引を禁止しないことを全国テレビで明らかにしました。

仮想通貨取引所やマーケットプレイスでのデビットカードとクレジットカードの使用禁止は、インドの中央銀行が現地投資家が借金をしてまで仮想通貨市場に投資するのを防ぐための手段として考えられます。

いくつかの研究論文は、ビットコインおよび他の仮想通貨を購入するためにクレジットカードを使用する特定の地域の投資家の比較的大部分が、仮想通貨市場への投資後にクレジットカード支払いを処理しない傾向があることを示しています。主要な修正や市場の不安定化の中で、市場に投資するために借金をすることは、特に投資家が短期的に資金を必要としたり、資金を出したり、使うことができない場合に、財政問題を引き起こす可能性があります。

しかし、法律事務所TRAのマネージングパートナーであるAnirudh Rastogi氏は、Quartzとのインタビューで、政府が仮想通貨投資におけるクレジットカードやデビットカードの使用をリスク軽減として禁止する決定を正当化しようとしても、それは正当なものではないと述べました。

「たとえ銀行がリスクを軽減するために必要に応じてこれを正当化したとしても、私は非常に保守的で不当な見解で、これは圧力をかけているように私に思わせる。」とTRAでいくつかの海外の仮想通貨業務を監督しているRastogiは、述べました。

短期間の傾向

今月初めに、インドでの仮想通貨取引の禁止に関する未確認の報告がリリースされたほぼ直後に、現地の仮想通貨取引所でプラットフォーム上には100万人以上のユーザーがいるZebpay、Coinsecure、Unocoinは、政府の現地の仮想通貨取引所市場に対する姿勢は変わらず、中立であることを再確認しました。

政府はまだインドの仮想通貨取引所市場の長期的な将来に関する声明を発表していなく、それまではインドの仮想通貨市場の規制動向を推測することは不可能です。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/indias-banks-tigthen-cryptocurrency-regulation-prohibit-use-credit-cards-trading/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。