NEWS

イタリアの仮想通貨に関するルール(2018.2.5)

イタリア政府は、国内での技術の使用を明確にすることを目的として提案された仮想通貨規制に関するフィードバックを探しています。

提案されたルールの要約は、仮想通貨を受け入れるサービスプロバイダーが、ビジネスと収益を経済財務省にどのように報告しなければならないか、政府がその情報で何をするかを説明しています。

全令では、仮想通貨は 「商品やサービスの購入のための交換の手段として使われるが、中央銀行や公的機関によって発行されたものではなく、合法的な入札がある通貨と必ずしもつながっている必要はない」と明確にしています。

この法令の主な目的は、イタリアが設立メンバーである欧州連合(EU)が制定した最近実施された反マネーロンダリング防止措置を施行することです。さらに、テロリズムやその他の犯罪行為の資金調達に関する新たな規制が出されました。

そのためには、仮想通貨で取引する企業は、代理人と仲介人の仲介業者によって新しいデータベースに記録されます。

フィードバックプロセスの一環として、政府は仮想通貨の国内市場の規模を把握し、それに取り組む企業の数を計測したいと考えているとしています。

金融犯罪の防止を担当する機関の責任者であるRoberto Cicianiは以下のように述べました:

国勢調査と登録簿の開始は、事業者による規則の遵守をよりよく監視し、活動の法的行使を確実にすることを可能にする。

イタリア国内の関係者は、2月16日までに、この問題に加わり、新しいルールは2018年7月までに実施される予定です。そして既存のサービスプロバイダーは、法令の施行から60日以内に仲介業者に登録することができます。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/italian-crypto-businesses-to-register-under-proposed-new-rules/

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]