NEWS

【仮想通貨の実態調査】収入1億円以上の日本人は〇〇〇人

億り人(おくりびと)

仮想通貨に興味がある方であれば、聞いた事がある単語かもしれません。

日本での億り人の人数や、仮想通貨の認知度、実際に保有している割合はどれ位なのでしょうか。報道やアンケート調査の結果からご紹介をしていきます。

億り人の数

2017年度の確定申告で仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上となった人数は、

「331人」だったと日本経済新聞が報じました

国税庁は25日、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あったと申告したのは331人だったと発表した。同年分の確定申告を集計した。仮想通貨の高騰で1億円以上の資産を築いた人が、ヒット映画の題名をもじった「億り人」と呼ばれて話題となるなどしており、業界関係者は「実際はもっと多いはず」と指摘している。

 

億り人の単語をグーグル検索すると「4,200万件」件がヒットします。

今や仮想通貨に携わる人の中では一般的に使われる単語となっています。

仮想通貨の価格は2017年1年間で大幅に上昇。取引所の口座開設も350万件を超え、仮想通貨を保有している人数は多くなっていると考えられます。

情報サイトのコインデスクによれば、代表的な仮想通貨ビットコインのドル建て価格は17年12月半ばに2万ドルに迫り、16年末に比べて20倍に跳ね上がる場面もあった。17年1年間の上昇率は1331%と、26年ぶりの高値を付けた日本株(19%)や米国株(25%)をはるかに上回る。

日本仮想通貨交換業協会(東京・千代田)によると、主な仮想通貨の国内取引金額は17年度に約69兆円と、前年度の20倍に増加。18年3月時点の取引口座数は延べ350万にまで拡大している。

では、実際に日本での仮想通貨の認知度や保有している人数はどの程度なのでしょうか。

仮想通貨の認知度や保有数

1.仮想通貨の日本での認知率は8割強、保有者は2%

仮想通貨を知っている:80%以上

保有している、保有していた:2.8%

保有していないが興味はある:13.2%

マイボイスコム株式会社の『仮想通貨』に関するインターネット調査(2018年3月1日~5日に実施、10,857件の回答)によると、日本人の仮想通貨の認知度は8割強。直近1年間の保有者は約2%、男性10・20代では1割弱。保有していないが興味ありは1割強となっている。

金融商品投資者は4割強。男性や高年代層での比率が高くなっているが。仮想通貨の投資者(保有者)は10・20代が9.6%と年齢が低い方が多くなっている。

 

また、他の世界的なWEB調査会社の調査によると、日本人の10%が仮想通貨を保有していると回答したと報じている。

日本人の〇%が仮想通貨を保有。世界の仮想通貨市場調査結果。

2.仮想通貨を保有した理由

投資目的:47.8%

儲けが期待できる:30%強

興味があった:20%

資産として保有するため:20%

仮想通貨を保有した理由・きっかけは、「投資目的」が保有経験者の47.8%で最も多く、「儲けが期待できる」が3割強、「興味があった」「資産として保有するため」が各2割。

「投資目的」「儲けが期待できる」は男性、「気軽に始められる」「家族や友人・知人のすすめ」は女性で比率が高くなっている。

3.保有した銘柄

ビットコイン:74.5%

イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ネム:各20%程

4.利用した取引所・販売所

ビットフライヤー:44.4%

コインチェック:29.7%

ザイフ、GMOコイン、DMMビットコイン:各10%台

5.仮想通貨を保有したい理由、したくない理由

『保有したい』

・基本的に株などの金融商品と違い、数円から数百円、数千円のものが多く購入しやすい。また、黎明期なので今後どうなるか分からないが、勝つにはある程度先行して保有するリスクを負わないといけない。(男性31歳)
・これからの通貨としての可能性に興味があるから。(男性61歳)
・ビットコインで支払いができる実店舗もでてきているから(ビックカメラ)。(女性34歳)

『保有したくない』

・値動きの激しい仮想通貨にたいして、自分はこまめに値を確認する時間的余裕がないから。(女性37歳)
・まだまだ土壌や利便性が整っているようには思えず、株式に比べれば非常に敷居が高い。更に、先の会社の不祥事により、直接関係のない仮想通貨自体への印象も悪化させているという理由もある。(男性40歳)
・今の状況である限り、保有はギャンブルでハイリスク。(男性54歳)

『どちらともいえない』
・仮想通貨について、リスクやその程度がよく分からないけれど、これから流行るかもしれないと思うと少々興味がある。(男性59歳)
・税制面で不利なので、そこが改善されれば選択肢に入ってくると思う。(男性33歳)

マイボイスコム株式会社の『仮想通貨』に関するインターネット調査(2018年3月1日~5日に実施、10,857件の回答)より。

 

認知度は高いものの、まだ実際に保有している人数は多くはないようです。

2018年後半、どのように市場が動いていくか注目です。

その他の記事はこちらから

 

▼イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら▼

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

↓↓↓【仮想通貨サテライト】提携ライター募集中↓↓↓↓

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【暗号女子】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。