NEWS

日本の規制当局、仮想通貨取引所の検査を強化(2018.2.8)

日本の金融監督当局は、国内の仮想通貨取引所の現場検査をより多く行う予定であると伝えられています。

日本経済新聞の報道によると、金融庁(FSA)は、最近の大規模なハッキングの後、Coincheckを訪問したことに続いて、今週早くから、国内で複数の仮想通貨取引所を調べることを検討しています。

この計画は、投資家を保護し、そのような侵入が再発するのを防ぐために、日本の仮想通貨取引所によって採用されるより強力なセキュリティ手続きを推進することを目指しています。

これまでに報告されたように、5億3100万ドル(当時)のNEMトークンがCoincheck取引所から盗まれました。これにより、約束された通り、2月2日のFSAの現場検査で、犠牲者を補償するためのプラットフォームのセキュリティと財務能力を評価しました。

FSAは、ハッキング以前にセキュリティーの抜け穴について取引所に警告したと述べ、Coincheckがまだ代理店から正式な承認を得ていない理由を説明しました。

事実、日本経済新聞の報告によると、市場拡大が進む中で、日本では仮想通貨取引所が急増しているが、セキュリティ保護の面では多くのプラットフォームが後退しているとしています。

この報告によると、合計32の仮想通貨取引所の中で、Coincheckは現在、日本で4月に仮想通貨法が発効する前に開始されたため、FSAに正式に登録されていない16のプラットフォームの1つになっています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/japanese-financial-regulator-increase-crypto-exchange-inspections/

 

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。