NEWS

日本のウォッチドッグ、仮想通貨会社に無免許運営を警告

日本の金融監督機関は、免許なしで国内投資家を対象とした海外の仮想通貨サービスを精査しようとしています。

2月13日の日本の金融庁が発表した公式の警告によると、Jay Liu氏が率いるBlockchain Laboratoryというマカオベースの仮想通貨サービス会社が、仮想通貨取引やICOに関する未登録のサービスを提供していると述べています。

同社の日本語ウェブサイトによると、同社の事業には、仮想通貨のチュートリアルやコンサルティング、仮想通貨販売、ICO代理店サービス、および関連する広報業務が含まれています。

日本の財務省の関東地方事務所では、資金調達や民間商品の提供、日本でのICOの促進などのために、金融商品取引法に登録しなかったことを警告する声明を発表しました。

FSAの声明によると、当局は、違法行為と疑う声明を公開する前に、同社に何度か警告しています。しかし、同社はまだ対応していないといいます。その結果、当局は、Blockchain Laboratoryの事業における「虚偽の可能性」があるとして国内投資家に警告する努力を増やしています。

このニュースは、日本の規制当局がビットコインを支払い方法として合法化した昨年4月以来、仮想通貨技術サービス会社に対する警告を初めて発行したことを示しています。

(引用元)https://www.coindesk.com/japanese-watchdog-warns-foreign-crypto-firm-over-unlicensed-operation/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。