NEWS

韓国、仮想通貨取引所のためのBitLicenseスタイルのルールを検討

韓国は、提案された仮想通貨取引所の規制の一環として技術特有のライセンス制度を検討していると伝えられています。

BusinessKoreaによると、日曜日に仮想通貨タスクフォースに関与した政府関係者は、2015年に導入されたニューヨークの論争的な「BitLicense」と類似したルールが制定されるか、少なくとも議論される可能性があると述べました。

その情報源は以下のように述べました:

我々は、仮想通貨の追加規則として交換承認システムの採用を積極的に検討しています。我々は、選択的許可を与えるニューヨーク州のモデルのベンチマークである可能性が非常に高いです。

いくつかの規制当局が、中国にあるように、交換ベースの仮想通貨取引が完全に停止されることを提案した後、このニュースは国の姿勢を軟化させるように見えます。また、韓国は最近、匿名のバーチャル口座の取引を禁止するように動き、1月末からは実名の口座が義務付けられています。

BusinessKoreaは、追加の規制を作成するのではなく、税金を課すという選択肢があると政府筋に述べました。

「今月の仮想通貨関連の国民訴訟に対応するための会合を開くが、会議でのみ既存の措置の欠陥を埋め合わせる可能性が高い」と述べました。

同情報源は、6月の地方選挙の結果、政府は仮想通貨取引所に関する最終決定を下す可能性が高いと付け加えました。

2015年6月にニューヨーク州金融局(NYDFS)の規制フレームワークである「BitLicense」が遅れて開始され、企業や個人が最初にライセンスを受けなければカストディアンや取引所として仮想通貨サービスを提供することはできないまた、厳重な送金業者の規制に準拠して運用する必要があるとしています。

そして、そのライセンスを取得するための高いコストは、限られた数の取引所が現在ニューヨークで運営されていることを意味しています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/south-korea-mulls-bitlicense-style-rules-for-crypto-exchanges/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。