NEWS

韓国、「通常の」仮想通貨取引をサポート、と金融ウォッチドッグが述べる

韓国は、仮想通貨取引に関する姿勢を緩和しているようです。

ヨンハプニュースによれば、金融監督院のChoe Heung-sik総裁は、政府は、「通常の取引が行われた場合には、仮想通貨取引を支援する」と述べました。

Choeはまた、仮想通貨取引所の代表者との会合で、政府は銀行に仮想通貨取引所を働きかけるよう「勧める」とも述べました。

簡潔にいうと、この声明は韓国の仮想通貨コミュニティや世界市場によって積極的に見られる可能性があります。なぜなら、仮想通貨取引所を完全に禁止する選択肢は、国の仮想通貨市場の熱を鎮静化させ、マネーロンダリングに対抗する一つの方法として規制当局によって考えられていたからです。

韓国が仮想通貨取引を「禁じる」か「抑止する」のかというニュースが出た後、ビットコインを含む仮想通貨の価格は1月中旬に急落しました。直後、財務相は、将来の禁止を除外しなかったが、取引所を規制することは政府の「即時の課題」であると強調し、市場を落ち着かせるよう動きました。

この声明はまた、国が他の方法で市場を制限する方向に動いた直後にも出されています。

1月30日に匿名取引の禁止が発効され、それ以降、ユーザーの身元に関連付けられたアカウントを介して仮想通貨取引を実行する必要があります。今、このルールに反すると人々は捕まった場合に罰金に支払うことになります。

韓国は、以来、仮想通貨取引所の規制のためにニューヨークの「BitLicense」と同様のシステムを採用することを検討していることを明らかにしています。

BusinessKoreaによると、仮想通貨タスクフォースに関与している政府関係者は2月13日に次のように述べました:「我々は、仮想通貨取引所に関する追加の規制として、取引承認制度を採用することを積極的に検討しています。我々は取引作業のための選択的許可を与えるニューヨーク州のモデルのベンチマークである可能性が最も高いです。」

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/south-korea-to-support-normal-crypto-trading-says-finance-watchdog/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。