NEWS

韓国政府、仮想通貨KYC委任状を維持

韓国は、不法な財政活動での仮想通貨の使用を排除するというコミットメントを倍にして、国のブロックチェーン開発を促進する意思を表明しています。

Hong Nam-ki政策調整室長は、水曜日に公開された動画で、政府が国内の仮想通貨取引所に透明性をもたらすことに強い立場を取っていると述べました。

このHongの声明は、韓国の仮想通貨取引プラットフォームに対する厳しい制限に反対する申立に対する政府の正式な対応に続いています。韓国の大統領のウェブサイトによると、この申請書には28万件以上の署名が集まっており、政府は正式な対応を義務づけられました。

報告されているように、韓国の異なる統治機関は、韓国の仮想通貨取引の規制に関する矛盾した意見を表明していて、ある四半期では取引所ベースの取引の禁止さえも提案されています。

さらに、このHongのビデオでは、仮想通貨取引を禁止する代わりに、当面はマネーロンダリング防止活動の厳格な実施に集中していることを示しているのかもしれません。

「現時点では、現行法の枠組みの中で、仮想通貨取引の透明性を政府は優先しています。なぜなら、確認されていない仮想口座によるマネーロンダリングや、企業の従業員の口座に顧客のお金を入金するなどといった確認処理中に望ましくないことが起こっているからです」とHongはビデオで言いました。

このコメントはまた、匿名取引口座の禁止で導かれた韓国の仮想通貨取引プラットフォームに課せられた新たな規制に沿っています。今年2月以降、韓国のすべての取引所は取引活動を再開する前に、顧客に対して実名確認を実施しています。

以前に、韓国の税関当局は、未登録の資本取引における6億ドルに、国の資本規制を迂回する媒体として仮想通貨の使用が含まれていると報告しました。

仮想通貨取引所を禁止する選択肢は完全に排除されていませんが、Hong は、ビデオで、韓国の首相は最近、仮想通貨取引所を禁止することは多くの可能性の1つに過ぎないと述べたとし、現在、政府は、現在で最も深刻なシナリオを検討していないと説明しました。

Hongは、政府の対応の他に、ブロックチェーンの開発を促進することが、来年の政府の主な焦点の1つになると強調し、国が2018年のブロックチェーン技術に関連する政府の予算を増やしたと述べました。

Hongは以下のように結論づけました:

「我々は、ブロックチェーンの技術を開発したり、業界に適用したりすることで、技術の競争力を向上させるために最善を尽くします。とりわけ、そのうちの一つとして政府は上半期中に「ブロックチェーン産業開発基本計画」を策定する予定です。

 

(引用元)https://www.coindesk.com/korean-government-firm-on-crypto-kyc-mandate-in-petition-response/

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓