NEWS

Lightningは問題を抱えている:人々はそれをもう既に使用している

「偽金は退屈だ。」

少なくとも、それは多くのマイクロペイメント愛好家の論争であり、開発者はまだテスト段階に入っているので、そうしないように注意しているにも関わらず、Lightning Networkのための彼らの焦燥はネットワーク上で実際のビットコインの流入を引き起こしています。

 

「テストネットは、同じ感情の高まりを持っていない」と、VPNサービスTorGuardの代表は、Lightningの支払いを受け入れると発表した後、CoinDeskに語りました。

Blockstreamは独自のLightning実装であるc-lightningを使用してLightning専用の小売店を立ち上げました。Lightningメインネットエクスプローラーは、ビットコインで33,000ドル以上がLightning Networks経由で取引されていることを示しています。

 

興奮を説明するのは難しいことではありません。オフチェーンテクノロジーは、手数料が大幅に削減されたほぼ即時のトランザクション速度を約束します。また、多くの愛好家は、テストネットではなく、ビットコインメインネット上でネットワークを使用すると信じていて、それはプライムタイムのためにLightning Networkを準備するのにかかる時間を短縮することになります。

「まだバグがあったとしても、Lightning Networkが生きる時間が来たと思う。しかし、これはそれを強化するための最良の方法だ」と、1人のTwitterユーザーが書きました。

 

さらに、まだ開発中のネットワークを使用することは、その準備ができていないという混乱につながっただけでなく、それはまた、いくつかの人々が実際のビットコインを失う原因となります。そのため、Blockstreamの決定は批判されており、
他の人たちは数百から数千ドルのビットコインを「クレイジーな」状態でLightning チャンネルを開くよう呼びかけています。

 

しかし、永続的な警告にもかかわらず、Lightningのメインネットの実装では、すでに205ノード以上と548チャンネル以上がプレス時に停止しています。

さらに、開発者によると、この勢いが減速しているのは、Lightningがビットコインメインネットで安全に使用できる割合も原因です。

 

ACINQでLightningを開発しているPierre-Marie PadiouがCoinDeskに以下のように語りました:

 

最近では、メインネット用にソフトウェアを構成するユーザーが増えてきているので、いくつか考えてみると、これにより、Lightning Networkの展開はどうにか早くなるでしょう。

 

開発者の気を散らす

 

しかし、それだけが事実ではありません。

 

最近のインタビューでは、Lightning LabのCEO、Elizabeth Starkは、Lightning Networkの開発者数を10人ほどに抑えることを約束しました。これは、CoinDeskによって詳述されているように、技術のリリースを遅らせる可能性があります。
おそらく、この不足のために、Lightning Labsはユーザーにシステム上の送金を停止するよう訴えていて、「これは私たちの開発者にとって不必要な気の散らしになってる。」と述べました。

「多くの人がメインネットに行きたいと思っています。準備が整っていないことや、テストネット上でテストすべきだということを伝えるのは難しい。あなたが何をしているかを明示的にテストし、完全に理解していない限り、私はメインネットの使用をお勧めしません。」とLightning開発者のAlex Bosworthは述べています。

彼自身のメインネットノードのうちの2つを実行しているBosworthによれば、Lightningの開発者は、メインネットの実装をリリースする際に1つの大きな問題に遭遇する可能性があり、それは後方互換性が必要性です。それによって今後のリリースは開発されている現在のプロトタイプと相互運用できるようになるだろうとしています。

新設のメインネットが成熟し続けている場合、これは過去72時間でノード数が2倍になり、「開発のスピードが遅くなる可能性がある」、そのため開発者は「以前のバージョンとの下位互換性を維持することについて心配する必要がある」とBosworth氏は語りました。

 

さらに、これを念頭に置いていても、積極的に使用を止める兆候はありません。

 

TorGuardのCEOであるBen Van Pelt氏は、「ネットワークをサポートするために、Lightning Networkのノードを恒久的に稼働させておくことを計画している。」と述べました。

 

バグの発見

 

そしてこれは、Lightningの採用者David R. Sterryが開発中のネットワークの積極的な利用を擁護し、批判は「万事ではない」と主張し、また、開発者は「本当にそれに反対するならば、それをもっと難しくしたかもしれない」と付け加えました。

彼は「本当のお金でしか見つけられない問題がいくつかある」と続けました。

そして、メインネットのテストによっていくつかのバグが発見されました。

 

インターナショナル・ビジネス・タイムズによると、Blockstreamの技術導入により、発売後14時間以内に20個のバグが発見されました。 TorGuardの最高経営責任者、Ben Van Pelt氏はCoinDeskに対し、同社は途中でいくつかのバグに遭遇したが、会社やユーザーに損害を与えているものはないと語りました。

同じ流れで、Blockstream Samsom MowのCSOはtweeted: 「メインネット上でLightning Networkを使用することは、バグの修正、ステッカー、そして無謀ではない。私たちが検討していないユーザビリティの問題についても学んでいます」とツイートしました。

しかし、Padiouはこれが重要な点を見落としていると考えており、いったんネットワークが生きれば、「発生したバグはすべて、開発リソースの点で、より費用がかかる可能性があります。だからこそ、安定したLightning Networkへの道のりで、急いで物事を進めても、実際にもっと速く進むことはできません」と述べています。

アクティブネットワークは、「実際に開発を行っている少数の人々に、より多くの圧力をかけるだけでなく、より多くの気を散らす」と彼は続け、以下のように加えました:

 

「開発者がすべての中で最も難しいリソースであることを忘れてはいけません。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/bitcoins-lightning-network-problem-people-already-using/