NEWS

昨年、北朝鮮が韓国の仮想通貨取引所から数百万ドルを盗む(2018.2.5)

韓国政府当局者は、北朝鮮のハッカーたちが、昨年、仮想通貨で数千万ドルの価値を奪ったと信じていると、現地の報道は報告しています。

共同通信は、国家情報院(NIS)が国の議員にサイバー攻撃についての説明を行い、
フィッシング詐欺やその他の方法で、数百億ウォンの顧客資金が盗まれた述べたと報じました。この通信社は、韓国の当局が先月のCoincheck攻撃の背後に同じハッカーがいるかどうかを調査していることも明らかにしました。この件では仮想通貨で5億ドル以上が盗まれました。

昨年の仮想通貨取引所Bithumbに対する攻撃は、CoinDeskによって以前に報告されたように、30,000人の顧客の個人情報とともに、約80億ウォンの盗難を招きました。

ロイター通信によると、韓国の国会議員のKim Byung-kee議員は、ユーザーへの詐欺においてフィッシング詐欺メールがどのような影響を与えるかについてさらなる注意を喚起して以下のように述べました:

北朝鮮はハッキングができるメールを仮想通貨取引所に送って、顧客の個人情報と数十億ウォンの価値を持つ仮想通貨を盗みました。

以前に報告されているように、迫害的な北朝鮮は、さまざまな場面で取引所ハッキングや詐欺行為、取引サイトからの仮想通貨を盗む試みの失敗も同様に、関与してきました。昨年、警察当局者は、その策略に服する者はいなかったが、北朝鮮の攻撃者がスピアフィッシング攻撃で4つの取引所で25人の従業員を騙そうとしたと主張しました。

その未遂の盗難は、サイバーセキュリティ会社FireEyeによって最初に報告され、後に政府関係者によって確認されました。

その不正な国家は、特に、最近の核ミサイル実験の後に制定された制裁措置である国連が課した金融制裁を回避する手段として、仮想通貨を追い求めているようです。

(引用元)

https://www.coindesk.com/south-korea-north-korea-stole-millions-crypto-exchanges-last-year/

 

 

その他の記事はこちらから

[npc width=”70″ height=”70″]