NEWS

台湾政府は仮想通貨の影響を過小評価してはならない:副首相(2018.2.7)

台湾の副首相は、仮想通貨部門が国の金融環境に与える影響を管理するための措置を求めています。

公式の政府報告書は、金曜日の金融セミナーで講演を行い、島国の金融環境への仮想通貨とそれらの潜在的な影響について話し合った、台湾の行政府副首相Shih Jun-jiの演説の詳細を明らかにしています。


同当局者は、政府が近年急激に増加し、発展している仮想通貨を強調した上で、仮想通貨部門の管理策を導入するよう求めました。

Shih氏は台湾銀行財政学会で、特にビットコインについて詳しく説明し、具体的には時価総額が1,600億ドル(ビットコイン価格は10,000ドル)で、台湾政府の財政予算全体の2倍以上になると指摘しました。同氏は、そう述べた後、ビットコインの評価額が1,600億ドルで、台湾のすべての銀行の総資産と同じであり、外貨準備高の3分の1に等しいと付け加えた。単純に言えば、ビットコインや他の仮想通貨の影響を過小評価すべきではない、とShih氏は述べました。

当局者は、「バブル」の真っ只中にある仮想通貨の最重要点を主張し続けました。しかし、2017年の急騰した価格上昇は必ずしもビットコインである「資産」のバブルを構成するとは限らないとShihは付け加えました。

副首相は、ヨーロッパの他の国々や日米の仮想通貨産業を監督する規制上の動きを指摘し、最終的に台湾の「金融環境を守る」政策を積極的に計画することの重要性を強調しました。

当局者の注意は、仮想通貨部門に対して特に敵対的ではないが、台湾の金融監督当局が仮想通貨とICOに対してより包括的なアプローチをとったものとは対照的であります。

10月に国会議員と内閣が出席した共同セッションで、台湾金融監督委員会委員長のWellington Kooは、台湾の仮想通貨とブロックチェーン技術の開発と採用を奨励する代わりに、中国と一部の韓国に仮想通貨関連の活動を全面的に禁止することを除外しました。

 

(引用元)

https://www.ccn.com/govt-plan-safeguards-cryptocurrency-impact-taiwan-official/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。