NEWS

中国のボーイズバンド、ファンのICO論争に巻き込まれる

人気のある中国のボーイズバンドの自称ファンは、プロジェクトの合法性に関する論争が浮上しているものの、彼らのアイドルの周りにICOを構築しています。

このプロジェクトの中心には、2013年にKarry Wang、Roy Wang、Jackson Yiの3人の十代の若者たちによって結成されたThe Fighting Boys(またはTFBoys)という有名なポップバンドがあります。特に、昨年、Roy Wangは2017年の最も影響力の強い10代の30人の1人としてタイムにフィーチャーされました。

中国でのバンドの圧倒的人気の中で、ファンのグループはちょうど十代のトリオの周りにブロックチェーンのエコシステムを構築することを目的とした、資金を調達するためのICOを開始しました。

このプロジェクトは、有名人とファンの間の力関係をブロックチェーン技術を使って打ち壊す使命を打ち立てるだけでなく、中国が去年の9月にICOを正式に禁止した後に開始したことも理由で注目に値しています。

ICOの主催者は、このプロジェクトが中国の住民を除外しているとのウェブサイトを示している一方で、国内からのIPアドレスは物理的に禁止されていません。

プロジェクトのウェブサイトによると、TFBCというトークンは、最終的にアルバムやコンサートのチケットの購入、ティーンアイドルとのオフラインミートアップに使用されます。最終的には、バンドの周りのブロックチェーンのエコシステムを促進し、ファン自身によって維持することを目指しています。

プレス時で、口座登録後に入手可能な情報によれば、約2万人がセールに参加し、少なくとも420万TFBCがイーサ用に販売されています。

3,000TFBCに対して1ETHの比率に基づいて、プロジェクトは約1,400 ETHを受け取っている可能性があり、それはCoinDeskのEther Price Indexによれば、執筆時点では100万ドルを少し上回る価値があるとしています。

ウェブサイトはさらに、59,993,157のTFBCのうち、60%がバンドに留保されており、残りはファンに発行されていることを明らかにしました。

しかし、TFBoysの公式管理機関であるTime Fengjun Entertainmentの声明は、プロジェクトが2月10日に公式のWeiboアカウントを通じて一般市民の注目を集めた直後に発表され、このプロジェクトからポップトリオを遠ざけようと試みたとしています。

政府機関は、ICOとは何の関係もなく、3人の男の子のためのトークンの配当金の請求は完全に偽造であると主張しました。同機関はさらに、ICO主催者がTFBoysの名前を使って違法な資金調達活動を行っているとも主張しました。

 

この訴えの中で、同プロジェクトは2月11日にバンドの経営陣と関係のないファンによって自己組織化されており、中国の住民にサービスを提供していないという2つの声明を出しました。(まだ中国人がアクセス可能なままではあるが)。このプロジェクトでは、バンド用に予約されたTFBCトークンが一時的にイーサリアムアドレスに格納されているとさらに述べられています。

また、ICOのウェブサイト上では、売却予定のTFBC総額の40%がまだ開始されていない交換プラットフォームで取引できることを示しています。

StarCoinExと呼ばれるこの取引所は、スーパースターに焦点を当てたトークンのリストを専門としています。同社のウェブサイトによると、将来的に利用可能な仮想通貨資産には、テイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバー、レディー・ガガ、そして中国の他の有名な有名人の資産が含まれていると主張しています。

 

(引用元)

https://www.coindesk.com/fans-build-controversial-ico-around-chinese-pop-band/

その他の記事はこちらから

 

イマから開設できる仮想通貨取引所はこちら

・ビットフライヤー:https://bitflyer.jp/

あわせて読みたい「取引所登録(ビットフライヤー編)」

・Zaif:https://zaif.jp

あわせて読みたい「取引所登録(Zaif編)」

 

↓↓↓話題の仮想通貨最新情報はこちらのLINE@でも配信中です↓↓↓↓

↓↓↓仮想通貨サテライトは【仮想通貨少女】を応援しています↓↓↓

↓↓↓世界のICOに関する情報はこちらです↓↓↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。